1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. 自己PRをAIで作成するのはあり?活用方法やメリット・デメリットを紹介

自己PRをAIで作成するのはあり?活用方法やメリット・デメリットを紹介

ロボットと女性が共同で仕事をしている

最近ではAIの技術も上がり、さまざまな回答や文章を瞬時に、しかも高精度に作成してくれます。AIを活用すれば履歴書に記載する自己PR文も楽に作れるようになるかもしれません。

この記事では自己PRを作成する際のAIの活用術についてご紹介します。

自己PR作成時のAI活用術

自己PRを作成しているときに悩んだことがあれば、あるいはなかなか良い内容が思い浮かばなければAIを活用してみましょう。以下のようにさまざまな使い方があります。今回はAIチャットシステムの中でも特に精度が高いChatGPTを使って活用例をご紹介します。

自己PRの作成方法について尋ねる

自己PRをどのように書いていいかわからない、何から始めていいかわからないという方は、自己PR文を作成する方法をAIに聞いてみましょう。

User

私は転職を考えていて履歴書を作っています。効果的な自己PR文を作成する方法を教えてください。

ChatGPT

自己PR文を作成する際には、以下のポイントに注意すると効果的です。

1.自己分析:まず、自分の強みや価値観、キャリア目標をしっかりと整理しましょう。自分がどんな人物であり、どんな価値を提供できるのかを明確にすることが重要です。

2.具体性:抽象的な表現よりも、具体的な事例や成果をあげることで自己PRを裏付けましょう。具体的な例を挙げることで、自己PRがより説得力を持ちます。

3.適切な強調:転職先に求められるスキルや経験に関連する部分を強調しましょう。自己PRは転職先のニーズに合わせてカスタマイズすることが重要です。

4.簡潔さ:自己PRは短くまとめることが大切です。長文になりすぎないように、要点を明確にして簡潔にまとめましょう。

5.ポジティブな姿勢:自己PR文はポジティブな姿勢で書きましょう。自信を持って自分の強みをアピールすることが大切です。

たとえば、次のような自己PR文が効果的です:

「自己PR文の例:
私はコミュニケーション能力に優れ、チームでの協力やリーダーシップを発揮することが得意です。前職では、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトの進行管理やチームメンバーのサポートを行い、期限内にプロジェクトを成功裏に完了させることができました。また、問題解決能力にも自信があります。過去に顧客からのクレームを受けた際には、迅速かつ適切に対応し、顧客満足度を向上させることに貢献しました。新しい挑戦を求めており、チームの一員として貢献できる機会を探しています。」

自己PRを作成する際にすべきことや盛り込むべき内容、書く際に意識したいポイントを教えてくれました。また、例文も示してくれているので、これを参考にして自己PR文を作ることができるようになります。

AIに自分の長所や短所を引き出してもらう

自己PRにどのような内容を盛り込んでいいかがわからない、客観的に自分を分析したいという方は、AIに面談形式で自分の長所・短所を引き出してもらうことが可能です。

User

あなたは優秀なキャリアコンサルタント、私は転職を目指しています。私に3つ質問して長所と短所を引き出してください。

ChatGPT

もちろんです。まずは、以下の質問から始めましょう。
あなたが過去に経験した成功や満足感を感じた瞬間は何ですか?
あなたが仕事をする上で特に得意だと感じるスキルや能力は何ですか?
逆に、あなたが仕事をする上で苦手だと感じる部分や改善したいと思う点は何ですか?

User

1.広報に在籍していた際にWebサイトのリニューアルに成功したことです。サイト制作会社と連携をし、洗練されたデザインで、かつ内容がより充実したWebサイトが完成しました。

2.課題解決能力です。わからないことがあればWebや書籍などで解決方法を調べたり、実際に自分で実践して試行錯誤したりして解決方法を模索します。

3.接客スキルです。話すのが苦手で、特に店舗での接客など不特定多数のお客様と接する機会がある場合、焦ってしまうことがあります。

ChatGPT

ありがとうございます。これらの情報をもとに、あなたの長所と短所を整理してみましょう。

長所:
課題解決能力: あなたは課題に直面した際に、主体的に解決策を見つける能力を持っています。Webサイトのリニューアルプロジェクトで示したように、自ら行動して問題を解決する姿勢があります。
洗練されたWebサイトの制作: あなたは広報として、Webサイトのリニューアルプロジェクトにおいて洗練されたデザインと内容の充実を実現しました。これは、クリエイティブな視点やプロジェクト管理能力が高いことを示しています。

短所:
接客スキルの不足: あなたはお客様との接点が多い状況で焦りや不安を感じることがあります。特に、店舗での接客などでの不特定多数のお客様とのやり取りが苦手とのことです。このような場面では、自信を持ってコミュニケーションを取る方法を学ぶ必要があります。

このように、あなたの長所と短所を整理することで、転職活動において自己分析や適職の選定に役立てることができます。

以上のように、AIからの質問に回答するだけで、長所や短所を分析してくれます。

自己PRの文面を作成してもらう

AIは文章の作成も可能です。文章を作成するのが苦手、いい自己PR文が思い浮かばないという方は、AIに自己PR文を作ってもらうこともできます。

User

以下の私の長所と短所をもとに、履歴書に記載する自己PR文を作成してください。

長所
・課題解決能力がある…課題の解決方法をさまざまな媒体を使って調査する、あるいは試行錯誤して模索することができる
・クリエイティブな業務が得意…文章作成やWebデザインなど。Webサイトのリニューアルを成功させた実績あり

短所
・接客が苦手…人前で出るのが苦手で、特に店舗や展示会のように不特定多数の人と接する業務に不安を感じる

ChatGPT

以下のような自己PR文を作成しました。ご確認ください。

【自己PR文】
私は課題解決能力に長けた個人であり、課題に直面した際には柔軟かつ効果的な解決策を見つけ出すことが得意です。そのためには、さまざまな情報源を駆使して調査し、また自ら試行錯誤を重ねることで最適な解決策を模索します。また、クリエイティブな業務にも熱意を持ち、文章作成やWebデザインなどの分野で高いスキルを有しています。過去には、Webサイトのリニューアルプロジェクトにおいて、洗練されたデザインと充実した内容を実現し、成功をおさめました。

一方で、接客に関する業務においては苦手意識を持っています。人前でのコミュニケーションが苦手であり、特に不特定多数のお客様との接点が多い状況に不安を感じることがあります。しかし、このような課題にも真摯に向き合い、克服するための努力を惜しまない姿勢を持っています。積極的な学びと成長を通じて、自己の弱点を克服し、より良い成果を生むことに貢献したいと考えています。

この自己PR文を履歴書に記載することで、あなたの長所と短所を明確に示し、自己分析と向上心をアピールすることができます。

ご自身の長所と短所を箇条書きで記載することで、内容が充実した自己PR文面を作ってくれました。

自身が作成した文面を添削してもらう

AIはご自身が作成した自己PR文面の添削やアドバイス、誤字脱字の修正などもしてくれます。

User

あなたは優秀なキャリアコンサルタント、私は転職を目指しています。履歴書に記載する#自己PR文を添削し、より良いものになるようアドバイスしてください。また、誤字脱字などがあれば修正してください。

#自己PR文
私は責任を持って業務を必ず最後まで遂行します。現職では広報職として、Webサイトの交信や広告の出稿など依頼された仕事は納期や締切までに間に合うよう作成して提出することを心がけてきました。

事前にしっかりとスケジュールを立てて遅れないよう進捗管理をしながら進めています。また、業務が立て込んで完遂することが難しい場合や自分のスキルや知識だけでは遂行が難しい場合は、無理をせず同僚や先輩、後輩にもサポートをお願いしてでも対応してきました。

記者においても与えられた業務を最後までやり抜き、信頼がおける存在になりたいと考えております。

ChatGPT

自己PR文の改善点として、より具体性や魅力を加えることが挙げられます。以下は改善の提案です:

私は責任を持って業務を遂行します。現在の職種である広報職では、Webサイトの改善や広告の出稿など、与えられた業務を納期や締切に間に合うよう心がけて取り組んできました。そのために、事前にしっかりとスケジュールを立て、進捗管理を行いながら作業を進めることを重視しています。また、業務が立て込んでいる場合や自身のスキルや知識だけでは解決できない課題がある場合は、同僚や先輩、後輩にサポートを依頼し、チームと協力して業務を遂行してきました。

私の目標は、与えられた業務を最後までやり遂げ、信頼できるプロフェッショナルとしての存在感を築くことです。これまでの経験から、チームワークや問題解決能力を発揮することで、職務を成功裏に遂行することができることを確信しています。今後も新たな挑戦に積極的に取り組み、さらなる成長と貢献を目指していきます。

修正点:
文章をよりスムーズに読みやすくするために、表現を整えました。
文章を結びつけるために、経験や意欲を強調する部分を追加しました。

誤字脱字も修正してくれて、より採用担当者の心に響くような内容に文章をブラッシュアップしてくれました。

以上のようにAIは自己PRを作成する際にさまざまな面からサポートしてくれます。AIを活用した自己PRの作成方法については、以下の記事でさらに詳しくご紹介しています。
使わない手はない!?転職活動でのChatGPT活用術

自己PRではご自身の長所をアピールする必要があります。以下の記事では好印象を与えるための長所の伝え方をご紹介していますので、本記事と併せて読まれることをおすすめします。
ただアピールするだけではダメ!自己PRの長所を書くコツ

AIを自己PRの作成に活用するメリット

自己PRの作成にAIを活用することで、以下のようなさまざまなメリットが得られます。

自分が気づいていなかったアピールポイントが見つかる

自己PRを作成する際には、「自分はどのような人間なのか」「何が長所で何が短所なのか」という自己分析を行う必要があります。しかし、自分のことは知っているようで意外と知らないものです。ご自身では気づいていない長所や短所があるかもしれません。

先ほどもご紹介したように、AIと対話を進めることで、ご自身では気づかなかった長所が見つかる可能性があります。

新しい表現方法や切り口が見つかる

同じ事柄でも表現方法や切り口を変えることで、大きく印象が異なるものです。たとえば、ちょっとした言い回しを工夫するだけで、評価が大幅にアップする可能性もあります。短所も見方を変えれば長所になるかもしれません。

AIを使って自己分析を行う、あるいは自己PR文面を作成してもらうことで、新たなアピールの仕方が見えてくる可能性もあります。

自己PR作成にかかる時間や手間を省ける

自己PR文を作成するためには自己分析を行い、ご自身の長所や短所、アピールポイントをピックアップし、文章を考えて推敲しなければなりません。こうした作業は非常に手間と時間がかかります。

AIであれば作成するのに何十分、何時間もかかるような自己PR文面も数秒で作成してくれます。

自身で作成した自己PRをブラッシュアップできる

自己PR文は作成して終わりではありません。採用担当者に好印象を与えるためには「自分の長所がしっかり伝わっているか」「もっと効果的な切り口はないか」「この表現は適切か」というように推敲を重ねてブラッシュアップしていく必要があります。

AIを活用すれば客観的に自己PR文を分析した上で修正してもらう、アドバイスをもらうことも可能です。

AIを自己PRの作成に活用するデメリット

AIを使うことで手間や時間を削減でき、より良い自己PR文面が作れる可能性もありますが、デメリットも少なからずあります。以下のような点に注意した上でAIを活用しましょう。

誤った情報や自身、応募先の状況にそぐわない情報が含まれることがある

AI(ChatGPT)はインターネット上の情報をもとに回答や文章を作成するため、どうしても内容が一般的になってしまいます。内容がご自身や応募先の状況に合っていないものになる可能性も十分にあり得ます。また、インターネット上には誤った情報が流れているケースも多いため、AIの回答や文章も誤った内容が含まれている可能性があります。

特にAIで自己PR文を作成した場合は、しっかりと内容を確認し、誤った情報・ご自身や志望先の実情に合わない情報は修正しましょう。

プロンプトを工夫しないと得たい回答や成果物が得られない可能性がある

AIはプロンプト(質問文や命令文)に従って回答や文章を作成します。プロンプトが適切ではない場合、あるいはAIに与える情報が少ない場合、期待していた回答や成果物が得られない可能性もあります。

たとえば、ただ「自己PR文を作って」とだけ指示しても、何に記載する自己PR文なのか、どのような内容を盛り込めばいいのかがわからないため、適切な自己PR文が生成されません。今回の記事や他の記事も参考にしてプロンプトを工夫してみましょう。

応募先にAIを使ったことがバレれば悪印象につながるおそれがある

AI技術は日進月歩で進化しており、人間が作成したものに近い自然な文章を生成できるようになってきています。しかし、まだ完全ではありません。表現方法が不自然になっている、情報をむりやりつなげたようになっているなど、特有のクセがあり、見る人が見ればAIが作成した文章であることがわかってしまいます。

応募先にAIを使って自己PR文を作成したことがバレてしまった場合、「手抜きをした」「自分の言葉や考えで自己PRをしていない」という印象を与え、評価が下がってしまう可能性があります。

AIで自己PR文を作成した場合、そのままコピーして使うのはNGです。あくまで参考程度にとどめ、最終的にはご自身の言葉でまとめましょう。

まとめ

AIを活用して自己PRを作成する際には注意点もあります。ただ、自己分析の精度を上げられる、時短や省力化につながる、新たな気づきが得られるなどのメリットも多いです。

最終的にはご自身で内容を確認してオリジナルの自己PR文を作成する必要はありますが、どのような内容を書いていいかわからない場合、文面を作成していて行き詰まってしまった場合などは、AIを活用してみるのも一つの手段です。

AIは自己PR文の作成以外にも履歴書作成のさまざまなシーンで使えます。ChatGPTを使って志望動機を作成する方法については以下の記事でご紹介しています。
悪用禁止?志望動機をChatGPTに作ってもらう方法とは?

自己PR文を作成する際には自己分析が必須です。今回もAIを使った自己分析の方法について少しだけご紹介しました。もっと知りたい方は、以下の記事が参考になります。
知らなかった自分に出会える?ChatGPTを自己分析に活用する方法4選