1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. 転職すべき?続けるべき?転職を考えるきっかけと対処法を解説!

転職すべき?続けるべき?転職を考えるきっかけと対処法を解説!

悩む社会人

今、転職すべきかどうか迷っていませんか?他の人はどんなときに転職を考えるのでしょうか?

よくある転職を考えるきっかけを年代別に見ていきましょう。面接で転職しようと思ったきっかけや理由を聞かれたときの答え方や、転職すべきかどうか迷ったときの対処法についてもご説明します。

みんなはどんなときに転職を考える?

まずはみなさんがどのようなきっかけで転職を考えるのか?よくある転職のきっかけをご紹介します。

転職を考えるきっかけとは?

転職を考えるきっかけは人それぞれですが、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 職場での人間関係に悩んでいる
  • 給料や待遇、労働条件に不満がある
  • 仕事にやりがいが感じられなくなった
  • 会社に将来性を感じられない
  • キャリアアップやスキルアップを目指したくなった
  • ライフステージの変化

職場での悩みや不満を持って転職を考えるケースもあれば、逆に「もう少し自分を成長させたい」「やりがいを感じたい」というポジティブな理由で転職を決意するケースもあります。また、引っ越しや結婚、出産、子育て、介護など、ライフステージの変化で転職をされる方も少なくありません。

転職を考える理由は年代によっても大きく異なります。年代別によくある転職のきっかけを見ていきましょう。

20代でよくある転職のきっかけ

社会人になったばかりの20代では以下のようなきっかけで転職を考える方が多いようです。

  • 人間関係で悩んでいる
  • 就職先とのミスマッチを感じている
  • 未経験の職種にチャレンジしてみたいという気持ちが芽生えた

就職をしたものの仕事がイメージしていたものと違っていた、他の仕事を経験してみたいという理由で転職する人が多い傾向があります。また、職場になかなか馴染めない、上司や先輩、同僚とうまくいかないなど人間関係に悩んで転職を考えるケースも多いようです。

30代でよくある転職のきっかけ

社会人になってある程度年月が経ち、職場では中堅になりつつある30代。よくある転職のきっかけとして以下が挙げられます。

  • 待遇や評価への不満を感じている
  • 会社や自身の将来に不安を覚えた
  • スキルアップがしたい
  • 結婚や出産、引っ越しなどライフステージが変化した

ある程度長く働き続けているのにも関わらず報われないという不満、あるいは「このままこの会社にいて大丈夫なのか?」という不安から転職される方が多いようです。加えて「もっと成長したい」「キャリアアップしたい」という自己成長のために転職される方もいらっしゃいます。

また、30代ともなると結婚や出産、子育て、マイホームの購入や引っ越しなどのライフイベントも多く、それを機に転職される方も多いです。

40代でよくある転職のきっかけ

働き盛りの40代。管理職になって会社の中核を担う人も多い年代です。40代の方は以下のようなきっかけで転職される方が多いようです。

  • 待遇や評価への不満を感じている
  • 価値観が変化した(仕事に対する価値観や人生に対する価値観)
  • 早期退職や人員整理
  • 子育てや親の介護などライフステージが変化した

管理職や責任あるポストになっても給料が上がらない、キャリアに見合った給料が欲しいという理由で転職する方が多い傾向があります。人生においても、社会人生活においても、折返し地点が近づき、「このままでいいのだろうか?」という価値観の変化から転職を決意されるケースもあります。

また、中高年はどうしても早期退職や人員整理の対象になりがちです。それをきっかけに転職を余儀なくされる方もいらっしゃいます。

40代は子どもの進学や親の加齢など、プライベートでも大きな変化がありがちです。ライフステージの変化もよくある転職のきっかけです。

50代でよくある転職のきっかけ

50代ともなるとベテランと呼ばれる年代です。そのまま定年まで働き続けるという選択肢をとる方が多くなる一方で、以下のような理由で転職される方もいらっしゃいます。

  • 早期退職や人員整理
  • 子育てや親の介護などライフステージの変化
  • 病気や体調の変化など

やはり40代と同様に早期退職や人員整理、あるいは家庭の事情で転職される方は少なくありません。また、50代となると人によっては心身の衰えが現れてきます。病気や体調の変化によって、自分に合った仕事に転職をされるケースも考えられます。

面接で転職のきっかけを聞かれた場合はどう答えるべき?

転職活動では面接時の転職を考えたきっかけや理由を聞かれることがあります。答え方によってはプラスの評価につながることもあれば、逆にマイナスの印象を与えてしまうことにもなりかねません。以下のようなことを意識して回答を考えてみましょう。

マイナスイメージを与えないよう意識する

面接で転職のきっかけを聞かれたときにネガティブな理由を話すのは極力避けましょう。採用担当者としては「同じ理由で辞めてしまうのでは?」という印象を受けてしまうからです。

特に給料や待遇への不満はマイナス評価につながる可能性があります。人間関係の悩みに関しても伝えないほうがベターです。

また、現職場あるいは前職場の悪口を言うのも止めましょう。人間性を疑われたり信頼を失ったりしてしまうおそれもあります。

ネガティブな要素はポジティブに変換

転職のきっかけがネガティブなものであっても、それをポジティブに言い換えることでプラス評価につながる可能性があります。

たとえば給料が低いという理由で転職する場合、「正当な評価がされる環境で成果を上げたい」「売上を上げて会社も自分も双方が成長できるようにしたい」と伝えることで、好印象につながるかもしれません。

人間関係の悩みで転職する場合は、「チームとして仕事を成し遂げたい」「多くの人を巻き込むような仕事がしてみたい」といった伝え方があります。

転職のきっかけや理由を聞かれたときの答え方や解答例をもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみましょう。

転職すべき?そのまま残るべき?迷ったときの処方箋

この記事は転職すべきかどうか悩まれている方も多く見られているかと思います。転職したほうがいいのか?今の職場に残ったほうがいいのか?どちらが正解かはわかりませんが、なるべく後悔しない選択肢を選びたいものです。

最後に、転職すべきかどうか迷ったときの対処法について、転職すべき事例と転職以外の方法で解決できる事例をご紹介します。

転職を検討したほうがいいケース

以下のいずれかに当てはまる場合は転職を検討してみてもいいかもしれません。

  • 心身に支障をきたしているケース
  • ハラスメントに遭っている
  • 給料やポストがこの先上がっていく見込みがない
  • 他にやりたい仕事ができた
  • ライフステージが変化した

特にメンタルの不調やそれに起因した身体の不調や病気が発生している場合、セクハラやパワハラに遭っている場合は、転職も含めて早急に対策を考えましょう。そのまま我慢していると取り返しがつかない事態にもなりかねません。

また、ある程度仕事を続けても待遇が良くなる見込みがない、他にやりたい仕事があって現在の職場ではそれができないという場合も転職が解決策になり得ます。

他にも引っ越しや結婚、出産、子育て、介護、病気や体調など、事情があって現在の仕事を続けるのが難しい状況になった場合、転職する必要が出てくるかもしれません。

転職以外の方法で解決できる可能性があるケース

以下のような悩みがある場合、転職以外の方法でも解決できる可能性があります。

  • 人間関係の悩み
  • やりがいが感じられない
  • 給料や労働環境に不満がある

転職以外の対処法

上記のような悩みを解決するためには以下のような方法があります。

  • 上司や人事担当者と話し合う
  • 異動や担当業務の変更を願い出る
  • 休暇を取得する・休職する
  • 労働環境を調整してもらう(時短勤務やリモートワークなど)
  • 仕事以外のやりがいを見つける

たとえば人間関係の悩みややりがいが感じられないのであれば、上司や人事担当者と話して異動や担当業務を変更してもらうことで解決できる可能性があります。また、休暇を取得したり休職したりすることでモチベーションが回復して、新たな気持ちで仕事や職場に向き合えるようになれるかもしれません。

給料や労働条件に不満がある場合は、やはり上司や人事担当者に相談して労働環境を改善してもらう、担当業務を変更してもらうことで、解決できる可能性があります。

また、仕事以外の活動、たとえば趣味やボランティア、サークル活動などにやりがいを見つけるというのも一つの手です。プライベートが充実することで、仕事にも前向きになれるかもしれません。

まとめ

転職を考えるきっかけは人それぞれです。転職することで解決できる悩みもあれば、今の職場に留まったほうがいい場合もあります。たとえば心身に不調をきたしているケース、ライフステージが変化したケースであれば、転職もやむを得ないかもしれません。一方で人間関係に悩んでいる、給料や待遇に不満があるという場合は、転職しなくとも解決できる可能性もあります。まずは転職すべきかどうかをご自身でじっくりと考えてみましょう。

また、面接では高確率で転職を考えたきっかけや理由を聞かれることになります。マイナス印象を与えないために、受け答えの内容はしっかりと考えておきましょう。