1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. 【回答例付き】転職で聞かれるのはこれだ!面接の質問攻略法を徹底解説

【回答例付き】転職で聞かれるのはこれだ!面接の質問攻略法を徹底解説

転職の面接では、さまざまなことが質問されます。特に初めて転職活動をされる方は不安に思われるかもしれませんが、ある程度パターンは決まっていますので、それを把握しておけば安心です。この記事では転職の面接で聞かれる質問のパターン5つと、それに対する回答例をご紹介します。

転職の面接で聞かれる質問のパターン5選

まずは転職の面接でよくある質問のパターンを見ていきましょう。以下の5つは定番なので、しっかりと回答を考えておく必要があります。

自己紹介・自己PR

面接担当者は求職者が「どんな人なのか」を知る必要があります。「自己紹介をしてください」あるいは「自己PRをしてください」と聞かれるケースが非常に多いです。

自己紹介の場合はご自身の名前や経歴、力を入れていることなどを話し、自己PRの場合はその企業が採用するメリット、例えばスキルや経験などを中心に伝えましょう。

志望動機

志望動機を聞くことで求職者のやる気や熱意が分かります。「仕事内容が魅力的だから」「経営理念に共感したから」など、人それぞれ志望する理由があるはずです。「なぜその企業なのか」「どのような点に引かれて志望したのか」をしっかりと説明しましょう。

「自宅から近かったから」「給料が高そうだから」という理由もあるかと思います。ただし、これだけでは説得力に欠け、採用担当者には「他の会社でもいいのではないか」「条件面しか見ていない」と思われ、マイナス評価になってしまいかねません。面接前にしっかりと応募先の企業についてリサーチして志望動機を考えましょう。

転職理由

これは転職ならではの質問です。「なぜ退職した(する)のか」「なぜ転職しようと思ったのか」も採用担当者にとっては大きな関心事であり、採否に関わってきます。前向きな転職理由であれば採用担当者としては大歓迎ですが、退職した理由がトラブルなどであれば、採用を慎重に検討する必要があるからです。

条件について

給与や勤務日、勤務時間や転勤の有無など、就業条件についても質問される場合があります。例えば子育てや介護など家庭の都合があって、残業や転勤が難しい場合などは、しっかりと話し合っておきましょう。一方で、給与面などであまりにも条件を出しすぎるとマイナス評価をされてしまう可能性もあります。

逆質問

企業や採用担当者によっては「何か質問はありませんか」と聞かれる場合があります。単純に求職者の疑問点を解決したいと思っているケースもあれば、採否につながるケースもあります。求人情報やホームページで事業内容や業務内容に不明点がある場合、あるいは条件面で不安がある場合は積極的に質問するようにし、疑問点を解消しておきましょう。

これだけは押さえておきたい!転職の質問を攻略するポイント

転職の面接で見られるのは履歴書の内容や服装、マナーなどさまざまですが、やはり一番大きなポイントは質問に対する受け答えです。ここからは面接の質問を攻略するポイントについて見ていきましょう。

声は大きくハキハキと

質問に受け答えするときは大きな声で、ハキハキと話しましょう。せっかく良い内容を話したとしても、声が聞こえなかったり、聞き取りづらかったりしては意味がありません。「覇気がない」「自信がなさそう」「やる気がない」とマイナス評価をされてしまう可能性もあります。

面接会場は会議室などが使われ、採用担当者と距離が離れている場合もあります。普段よりも少し大きな声で、はっきりと話すように意識してみましょう。

嘘や過剰に誇張することはNG

多少内容を脚色する、いわゆる「盛る」と呼ばれるテクニックやネガティブな面をプラスに伝えるという手法を使えば、面接で有効に働く可能性はあります。ただし、全く事実ではない嘘や過剰に誇張することは控えましょう。特に経歴詐称などが発覚した場合は、内定取り消しや解雇などの処分がなされるリスクもあります。

短すぎず、長すぎず

受け答えは適度な長さが大切です。一言だけではご自身の魅力がなかなか伝わらず、「やる気がない」とマイナス評価になってしまいかねません。逆に話が長すぎると何が言いたいのか分からなくなり、「要点がまとめられない」と思われてしまうこともあります。1~3分程度で受け答えをしましょう。

スキルや経験をアピールする

転職の面接ではご自身のスキルや経験を存分にアピールしましょう。採用担当者としてもこれらを聞いた上で採否を判断します。ただ、「これもできます」「あれもできます」だけでは押し売りになってしまいます。ご自身のスキルや経験をどのように応募先で活かせるのか、採用することでどのようなメリットがあるのかを意識して受け答えしましょう。

熱意が伝わるように意識する

やはり大切なのは熱意です。いくら転職理由が前向きであっても、スキルや経験があっても、やる気がないと判断されてしまうと不採用になってしまう可能性があります。「なんとしても入社したい」という熱意を伝えられるように意識して受け答えの内容を考えてみましょう。また、声のトーンや大きさ、立ち居振る舞いなどでもやる気は伝わります。そういった意味でも大きな声でハキハキと話す、要点をまとめて伝えるといったことが大切になります。

転職で聞かれる質問の回答例集

ここからは転職における面接で聞かれる質問の回答例をご紹介します。ぜひ参考にして自分なりに受け答えの内容をまとめてみましょう。

自己紹介・自己PR

まずは自己紹介の回答例を見ていきましょう。以下のように「自分がどのような人物なのか」「どんなことをしてきたのか」を端的に伝えるのが理想的です。

【回答例】

私は山田太郎と申します。株式会社●●で営業部門に1年、広報部門に3年間在籍し、主に法人営業やWebサイトの制作・運用、カタログ制作、その他マーケティング施策全般に携わってまいりました。

志望動機

志望動機を聞かれた場合は、「なぜその会社でなければならないのか」「なぜその仕事に興味を持ったのか」を、説得力を持って伝えましょう。

【回答例】

私はメーカーで広報に携わっておりましたが、よりマーケティングの専門知識を高め、さまざまな企業の力になりたいという気持ちが強くなってきました。メーカーに特化したWebマーケティング支援を行われている御社であれば、私のスキルと経験が活かせると考え、志望いたしました。

【回答例】

私は大学卒業後に東京の●●という会社に就職しました。しかし、地元で働きたいという気持ちが強くなり、●●県内で転職先を探しています。「地元に貢献する」という企業理念と地域活性化のための取り組みに共感し、御社を志望いたしました。

転職理由

人間関係のトラブルや条件面での不満などから転職をされている方も少なくないかと思います。嘘はNGですが、なるべくポジティブに伝えられるように意識しましょう。

例えば人間関係のトラブルも以下のように伝えれば前向きに捉えられることができます。

【回答例】

営業という仕事自体にはやりがいを感じていたのですが、上司やメンバーとの価値観が合わないと感じるようになりました。私はお客さま一人一人と向き合う営業がしたかったのですが、会社ではとにかく結果と効率を求められ、なかなか自分なりの営業活動ができないという葛藤がありました。自分の営業スタイルを活かして、より成果を上げたいと考え転職することにいたしました。

なお、転職理由のポイントや回答例についてはこちらの記事「これでバッチリ!面接の“転職理由”攻略法」でも詳しくご紹介しています。

条件について

給与や勤務時間、休日、勤務地について希望があれば面接のときに話しておきましょう。特にご家庭の事情がある場合はしっかりと話し合っておくことが大切です。

【回答例】

できれば本社での勤務を希望いたします。今、親族に要介護者がいるため、転居を伴う転勤には対応が難しい状況です。なお、自宅から通勤できる拠点への異動であれば柔軟に対応させていただきます。

逆質問

逆質問は転職前の疑問点や不安点を解消できる機会であり、熱意をアピールするチャンスでもあります。採用担当者としても入社後のミスマッチを防ぐために、なるべく分からないことは正直に質問してほしいと思っているものです。

【回答例】

・御社ではどのような人材が求められていますか。

・入社までに勉強しておくべきことはありますか。

・私は海外営業にも挑戦してみたいと考えておりますが、今後の御社の海外展開について教えてください。

まとめ

転職の面接での質問は、求職者の情報や話す内容を知るのはもちろん、話し方や受け答えの仕方なども見られており、採否に関わる重要な要素と言えます。特に面接に慣れていない方、もしくは自信がない方は、ぶっつけ本番で完璧に答えることはなかなか難しいものです。また、特に志望動機や逆質問は、ある程度応募先の企業の事業内容や募集している業務の内容を把握しておかないと答えることができません。

面接はご自身のスキルや経験、人柄をアピールする場です。とはいえ、内容を詰め込みすぎてしまうのは考えものです。先ほどもご説明した通り、あれもこれもでは押し売りになってしまいます。ご自身のスキルや経験、人柄が、応募先にどのように活かせるのかを考え、要点を絞ってアピールするのがスマートです。

事前にどんな質問をされて、それにどう受け答えするか、本記事も活用しながらシミュレーションしてみましょう。

なお、今後もこのサイトでは面接の質問への受け答えに関するコンテンツを発信していきます。ぜひそちらも参考にしていただければ幸いです。