1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. これでバッチリ!面接の「転職理由」攻略法

これでバッチリ!面接の「転職理由」攻略法

転職の面接でしばしば聞かれるのが「転職理由」です。ここで合理的に答えられるかどうかが採否の分かれ目となるかもしれません。この記事では、転職理由をスマートに答えるためのポイントについてご説明します。

そもそもなぜ転職理由を聞かれるのか?

転職の面接では「なぜ転職しようと考えたのですか」と聞かれるケースが多いです。応募先企業や採用担当者にとって求職者の転職理由は非常に大きな関心事です。その理由には、以下のようなことが挙げられます。

長く勤めてくれるかどうかを判断したい

企業側としては、なるべく長く勤めてもらえる人材を求めています。仮に求職者が何かトラブルを起こして退職した、あるいは退職する場合、応募先でも同様のことが起こる可能性があります。また、転職理由が応募先にも当てはまる場合、例えば業務内容や待遇に不満があるケースなどは、やはり転職後にすぐに辞められてしまう可能性があります。

やる気があるかどうかを見極めたい

転職理由が「スキルアップしたい」「さまざまな経験を積んでステップアップしたい」「新しい仕事にチャレンジしたい」というように前向きなものであれば、その人材が社内で活躍してくれる可能性が高いです。

一方で「疲れた」「給料が低くてやりがいがない」「会社が悪い」と愚痴ばかりこぼしている人は、採用する側としては不安に感じます。転職理由でモチベーションが高いかどうかも判断されます。

求職者の人柄を知る

転職理由を質問することで、その人の人柄も知ることができます。例えば「地元に就職したい」という転職理由を挙げる人は、地元が好きで家族や友人との関係を大切に考えているのかもしれません。「もっとスキルアップがしたい」と答えた人は、上昇志向があり好奇心旺盛であることが推測されます。

合理的な説明能力を判断する

人間関係のトラブル、仕事内容や待遇への不満など、ネガティブな理由で転職する人も少なくありません。こうした理由をそのまま伝えてしまうと、前述の通り「すぐに辞めてしまうかもしれない」と思われて不採用になる可能性があります。ネガティブな事象をポジティブに説明できる能力や合理的に説明できる能力も、転職理由の質問で測ることができます。

また、面接はコミュニケーション能力を見る場です。アピールしたいからといって、あれもこれもと詰め込みすぎると話が長くなり、相手に言いたいことが伝わりにくくなってしまいます。要点をしっかりと押さえるよう意識しましょう。

スマートに転職理由を答えるポイント

面接で転職理由を聞かれたときに大切なのは、「なぜ転職するのか」をスマートに受け答えすることです。本心では人間関係のトラブルや会社への不満など、ネガティブなことが理由になっていたとしても、スマートに回答することで、評価につながる可能性もあります。特に以下のようなことを意識してみましょう。

合理的な理由を説明できるようにする

まずは転職理由を合理的に説明できるようにしておきましょう。ただ「スキルを身に付けたいから」「こういう経験をしたいから」だけでは採用担当者に響きません。そう考えるまでには必ず過程があったはずです。どんなことがあったのか、自分はそのときどのような状況だったのか、どう感じたのか、将来どのようになりたいのか、順序立てて説明しましょう。

嘘を言わず、誠実に回答する

転職の理由を正直に話しづらい場合もあるかもしれません。とはいえ、嘘をつくのも考えものです。確かに人間関係のトラブルや会社への不満は面接では話しづらい理由ですが、伝え方によっては十分納得・共感してもらえる可能性もあります。嘘をついて自分をよく見せるよりも、伝え方を工夫してみましょう。

熱意を伝えられるようにする

求職者の熱意を知る目的で転職理由を聞くケースも少なくありません。「自分はこのスキルを習得したいから転職する」「将来こうなりたいから転職する」「今の会社では物足りないから転職する」という熱意が伝われば、採用担当者に好印象を与えられます。「自分は何がしたいのか」「どうなりたいのか」も盛り込んで説明しましょう。

「言わないこと」を決めておく

面接の中でついつい本音が出てしまうこともあります。例えば「上司や同僚と揉めた」「仕事がつまらない」「給料が安すぎてモチベーションが出ない」といった生々しい本音を言ってしまうとマイナスな印象を抱かれる可能性が高いです。事前に言わないことをしっかりと決めておくことで、評価を不用意に下げてしまうという事態を防ぐことができます。

【回答例付き】ケース別転職理由の答え方

ここからは、ケース別に転職理由の答え方のポイントについて、回答例を交えてご紹介します。

待遇に満足できなかったケース

待遇への不満は転職理由の定番です。なるべく会社への愚痴にならず、採用担当者が納得できるよう伝えましょう。例えば、以下のように具体的な金額や昇給がほとんどないという現状を伝えることで、相手に共感を与えることができます。

【回答例】

今、私が勤めている会社は給与水準が低く、28歳になっても初任給からほとんど昇給せず、手取りは18万円ほどです。先輩社員も同様の待遇であることが分かり、これから結婚して家庭を築くにあたり不安を覚え、転職するに至りました。御社では比較的若手でも管理職ポジションに就くチャンスがあり、成果に応じた評価をしていただけると伺いました。結果を出して御社に貢献し、お互いが成長できればと考えております。

労働時間が長いケース

残業や休日出勤が多いことも転職理由としてよくありがちです。やはりこちらも「どれくらい労働時間が長いのか」「どのような弊害が起こっているのか」合理的に現状を説明することで、採用担当者に納得してもらえる可能性が高まります。

【回答例】

現在、残業が常態化しており、ほぼ毎日8時から23時まで勤務しております。また、土日や祝日に出勤を余儀なくされることも多々あります。体調を崩した先輩社員もおり、私も将来を見据えた上で長く勤めることができないと考え、転職するに至りました。

人間関係に問題があったケース

人間関係のトラブルは伝え方が肝心です。もちろんハラスメントを受けている場合は、相手に非がある可能性が高いので正直に伝えてもいいかもしれません。しかし、上司や同僚と揉めるなどして折り合いがつかなくなったケースなどは要注意です。「トラブルを起こしそう」と判断される可能性もあります。愚痴っぽくならないよう、なるべくぼんやりと伝えましょう。

【回答例】

私はお客さまとじっくり向き合う営業がしたいと考えていたのですが、上司は成果を早期に求める考え方であるため、仕事の進め方について相違があり、なかなかお互いの意見が受け入れられない状況になりました。御社はお客さまに寄り添う社風であるとお伺いしましたので、私の持ち味を活かして貢献したいと考えております。

スキルアップを目指しているケース

スキルアップやキャリアアップを目的として転職する場合は、どのようなスキルや経験があるのか、それをどのように応募先で活かして貢献するかを意識して伝えましょう。

【回答例】

私はメーカーの広報担当者としてWebサイトやカタログの制作、マーケティング施策に携わってまいりました。より専門的なマーケティングの知識とスキルを磨き、多くのクライアントさまに貢献したいという気持ちが強くなり、転職したいと考えました。

まとめ

新卒のときの面接には、当然転職理由は聞かれることはありません。転職する際には志望動機や自己PRと並んで、転職理由も採否を分ける要素となり得ます。求職者が社風に合っているか、長く勤めてくれそうかを判断する材料になるため、採用担当者としても大きな関心事です。

嘘をつかずに誠実に答えることが大切ですが、愚痴っぽくなってしまったり、現職や前職の悪口になってしまったりするのもNGです。転職理由を前向きかつ合理的に説明できるようになれば、採用にぐんと近づきます。

そのためにも、今回ご紹介したポイントを意識して、転職理由をスマートに伝えられるように事前にシミュレーションをしてみましょう。