1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. 介護職の仕事内容・やりがい・メリット・職場の雰囲気など気になるポイントを徹底解説

介護職の仕事内容・やりがい・メリット・職場の雰囲気など気になるポイントを徹底解説

少子高齢化が加速する日本では、これから介護職に就く人がさらに必要になってくるといわれています。言い換えれば、介護職の需要は今後ますます増え、仕事が増えていくことが予想されることから、介護職に興味を持ったという方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、介護職の仕事内容ややりがい、メリット、職場の雰囲気など、気になるポイントを徹底的に解説します。これから転職を考えている方、あるいは「介護職に興味はあるけれど、あまり知識がなく飛び込むのは不安…」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

介護職の仕事内容とは?

介護職は、どんな仕事をするのか、なんとなく知っている方も多いかもしれません。しかし、ひと口に介護職といっても、デイサービス・訪問介護・介護付き有料老人ホーム、グループホーム・特別養護老人ホームなど、職場によってその仕事内容は異なってきます。ここでは比較的要介護度の低いデイサービスと、要介護度の高い特別養護老人ホームで比較しながら介護職の仕事内容についてご紹介します。

身体介護

身体介護とは、移動や入浴、着替え、排泄などをする際、直接的に体に触れて介助することを指します。

移動の際は、支えとなるよう手をつないで歩く、歩行器が進みすぎないように押さえながら歩く、車椅子に乗せて移動する、ベッドのまま移動する、体を起こす介助をするなどがあります。

入浴の際は、シャワーチェアに座ってもらう、湯船への介助をする、体を洗う、拭く、着替えを介助する、髪の毛を乾かし整えるなどのサポートを行います。

施設での違いをお伝えすると、デイサービスでは移動する場合、杖をつけば歩ける、あるいは少し支えてあげれば歩けるという方が多いため、基本的には自分で動いてもらうケースが一般的です。

入浴の際は、ご自分でお風呂場まで歩いていっていただき、脱衣、椅子に座るまでの介助、体を洗う介助などを行います。基本的に姿勢をご自身で保てる方が多いので、バスチェアもしくは椅子型の機械での入浴を行うケースが多いです。

一方、特別養護老人ホームなどの場合は、基本的に寝たきりのケースが多いので、ベッドでのお世話や、車椅子を使った介助を行います。入浴などの際は寝た状態で入浴できる機械を用いて浴槽に入るパターンや、浴槽には入らず、シャワー浴のみの場合や、体調が悪い場合は、清拭だけをすることもあります。

また要介護の度合いによって1人~2、3人がかりで行うかどうか、機械を使った入浴をメインとするかどうかなどが異なります。

生活援助

生活援助というのは、掃除・食事・買い物などの代行を行うことです。移動に時間がかかる、重い荷物が持てない、手が不自由で調理などが危険、買い物できる場所が遠いなど、日常生活でちょっとやりづらいことが増えた方に対して、サポートをするのが生活援助です。

主に居宅型で介護を受ける形式の訪問介護や介護付き有料老人ホーム、グループホームなどで行われています。

介護職のやりがい

介護職のやりがいにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、代表な3つの事例を紹介します。

役に立てる

第一に、介護が必要な方に対してサポートをするため、被介護者やご家族のお役に立てるという点があります。できないことをサポートしていくので、「今までやりたくてもできなかったことができた」という被介護者の喜びや、ご家族の「自分ではなかなかできなかったことをプロの介護士のサポートでやってもらえてよかった」など実際に役立っている実感が得られます。

すべての仕事がサポートになるため、やりがいに直結する仕事といえます。

感謝される

介護される方、そしてご家族の方のサポートに直結する仕事のため、仕事をしているだけで感謝されることが多いです。また、その感謝を受けて自分が幸せな気持ちになること、介護の知識がついて、自分の家族から喜ばれることなどもあるでしょう。

また、第三者として被介護者とご家族との間に入るため、介護職の仕事は、お互いの生活が思うようにいっていなかったご家族同士のそれぞれの生活を守ることにもつながります。家族の介護ではなく、介護というサポートを受けながら自立した状態で家族と接するという状態をつくることで、被介護者の気持ちを大事にできます。

こうした仕事を通じて多くの方に感謝されることがやりがいとして感じている介護職の方は多いのです。

やる気次第で未経験からでもキャリアアップできる

介護職は手厚い資格取得支援があるため、まったくの未経験からでも年齢を問わず、働きながら必要な資格取得が可能です。また、その後もやる気次第でマネージャー、施設長などを目指せる環境が整っているケースが多いというのも特徴です。

年齢に関係なく、さらに未経験からキャリアアップできる環境が用意されている職種はそうありません。これから、第二のキャリアを検討する人にとっても、はじめやすい求人といえます。

介護業界で働くメリット

介護業界で働くメリットについてみていきましょう。

安定して働ける

高齢者の数が非常に多い超高齢化社会の日本では、介護職の需要がこれから確実に増えていくことが分かっています。そのため、安定して働けるという点が介護職に就く大きなメリットのひとつです。仮に介護職をしていてブランクが空いたとしても、すぐに現場復帰できる環境があります。

未経験でも働ける

介護職は需要が多いため、未経験の方を教育して一人前にしていく環境が整っています。教育制度・資格取得制度など、未経験でも学びながら働ける点も大きなメリットといえるでしょう。

働きやすい制度が豊富

未経験者を経験者にしていく教育制度も整っていますし、多くの人材を求めているため、きちんと休めたり、休憩がしっかり取れたりするなどの働きやすい制度も整ってきています。

以前は、「職場の雰囲気があまり良くない」「きつい仕事」だというイメージがありましたが、今は未経験者も多いことから、比較的対応が優しく、待遇のいい施設も増えて、かつてのイメージは少しずつ是正されつつあります。

また、今後はITの活用で記録共有や、実際の介助がロボット技術の活用などによって人が担当する部分が少なくなる見込みもあります。これからどんどん需要が増える業界であるため、技術の開発・活用もスピードアップしていく可能性が高いです。

未経験だからと怖気づくことなく、今から未経験でスタートを考えてみてもよい職種だといえるでしょう。

まとめ

「介護職に興味はあるけれど、本当に自分でもスタートできるのだろうか」「具体的な仕事内容は?」など、不安で踏み出せないという方のために、介護職の仕事内容ややりがい、メリット、職場の雰囲気など、気になるポイントを徹底的にご紹介しました。

いつからでもキャリアアップができ、今後も需要が増える仕事のため、これまでの経験がなくても気持ちさえあれば、誰でもチャレンジできる職種です。やりがいや多くのメリットもあるため、興味を持っている方は、まずはどんな求人があるのか調べてみてはいかがでしょうか。

tenichiでは、介護職の求人を多数ご紹介しています。興味がある方は、ぜひ下記URLから自分に合う求人を探してみてください。

>「tenichi」介護系の仕事 

https://ten.1049.cc/search/custom?job=1110