1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. 【面接攻略ガイド】中途採用の自己紹介|意外と重要

【面接攻略ガイド】中途採用の自己紹介|意外と重要

中途採用の面接では、多くの場合、冒頭で採用担当者から「自己紹介をお願いします」と振られます。このときにどのようなことを話せばよいのでしょうか。好印象を与えるためにはどうしたらよいのでしょうか。今回は、中途採用の面接における自己紹介のポイントについてご説明します。

中途面接における「自己紹介」とは? 

まずは中途採用面接の「自己紹介」の目的や話すべきことについて見ていきましょう。

中途採用の面接で自己紹介が設けられる理由

中途採用の面接では、以下のような目的から最初に自己紹介が設けられるケースが多いです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

応募者の人となりを知る

自己紹介の一番大きな目的は「目の前にいるのはどんな人物なのか」を知ることです。採用担当者は自己紹介を聞いて氏名が応募書類と一致しているか、どのような会社でどのような経験を積んできたのかを確認します。また自己紹介の内容によってその後の面接の流れを決めることも少なくありません。

応募者のコミュニケーション能力を知る

自己紹介だけでも応募者のコミュニケーション能力をある程度図ることができます。社会人としてマナーを踏まえて話せるか、流暢に話すことができるか、自分が言いたいことをわかりやすく簡潔に述べられるかなど、自己紹介だけでさまざまなことがわかります。

求職者をリラックスさせる

企業としてもなるべく求職者にはリラックスしてほしいと思っています。そのほうが相手の本音が聞けるからです。また、求職者が緊張していると採用担当者も話しづらくなってしまいます。いきなり質問するよりも、誰でも答えやすい自己紹介をしてもらうことで、求職者の緊張を解きほぐすことができます。

面接の自己紹介で話すべきこと

中途面接の自己紹介では以下のようなことを盛り込みましょう。

氏名

これは面接に限らずどのような場面でも共通していますが、「●● ●●と申します」というように、まずは自分の名前をフルネームで言いましょう。

簡単なあいさつ

「本日はお忙しいなかお時間をいただきましてありがとうございます」と簡単なあいさつをすることで印象アップにつながります。

これまでの経歴

これまでどのような職場に何年勤務して、どのような仕事を担当してきたのかを話します。さらに、そこで積んだ経験や知識を簡潔に話します。特にこれは採用担当者として気になる部分なので、しっかりと盛り込みましょう。

中途採用の面接の自己紹介はこうクリアする!

次に中途採用の面接で自己紹介をクリアするためのポイントと回答例を見ていきましょう。

好印象を与えるポイント

人と会うときは、第一印象が大事です。特に時間に限りがある面接という場では、第一印象が採否に影響しかねません。以下のようなことを意識すれば好印象を与えられます。

大きな声ではきはきと話す

まずは大きな声でわかりやすいように、はっきりと話しましょう。声が小さいと聞き取りづらく、「元気がない」という印象を与えてしまいます。話す速度も早すぎず、ゆっくり過ぎず、言いたいことが伝わるよう意識しましょう。

採用担当者の目を見る

視線をそらしてしまうと「自信がなさそう」「失礼な人」という印象を与えてしまいます。採用担当社の目をしっかりと見て話すようにしましょう。目のやり場に困るようであれば口元や首元を見るとよいでしょう。

簡潔に自分が伝えたいポイントを話す

自己紹介が長すぎると面接の残り時間が少なくなってしまいます。「自分が言いたいことを伝える能力がない」と見られてしまうかもしれません。アピールしたいことは面接で存分に伝えて、自己紹介は簡潔に話しましょう。

担当者が興味をそそられるような内容を考える

ただ「●●株式会社で働いていました」「営業をしていました」と言うことは誰でもできます。なるべく採用担当者の興味がそそられるよう、どんな経験をしてきたのか、どんなスキルを身につけたのかを説明するよう意識しましょう。

採用担当者に対して感謝の気持ちを伝える

面接であれ、商談や打ち合わせであれ、相手はわざわざ時間をつくってその場に来ていますので、それに対して感謝の念を表すのが礼儀です。先ほどもご説明したとおり、冒頭で面接の機会を設けてくれた採用担当者にあいさつをしましょう。

中途の面接でよくある自己紹介の質問と回答例

ここからは、自己紹介の質問と回答例について見ていきましょう。質問の仕方としては「自己紹介をお願いします」と振られるケースもあれば、「お名前を教えてください」「これまでのご経歴をお聞かせください」と一問一答形式で聞かれることもありますが、だいたい前章でご説明したように、氏名やこれまでの経歴を簡潔に伝えれば問題ありません。

「この度はお忙しいなかお時間いただきありがとうございます。●● ●●と申します。私は●●株式会社広報部に●年間勤務し、主に自社のWeb戦略を担当しておりました。サイト制作のディレクション業務を経験し、Webマーケティングの基礎的な知識が身についたと考えております。本日はよろしくお願いいたします。」

以上のようなイメージで自分の自己紹介を考えてみましょう。

中途採用の面接の自己紹介Q&A

ここからは、中途採用の面接の自己紹介について、みなさんが抱きがちな疑問に対してQ&A形式で回答していきます。

自己紹介は何分くらい話せばよい?

先ほどもご説明したように、なるべく自己紹介は簡潔にまとめましょう。概ね1分程度に納めるのがベターです。自己紹介で話すことを考えたら、一度時間を計ってシミュレーションしてみることをおすすめします。

未経験の場合は何を話せばよい?

未経験の場合でも経歴について話しましょう。応募先の業務を経験したことがなくても前職で得た知識やスキルが役に立つ可能性は十分にあります。

趣味のことは話してもよい?

時間に余裕があるのであれば盛り込んでも問題ありません。採用担当者と趣味が共通していたら、その話で盛り上がるかもしれません。また、応募先の仕事に直結する趣味であればアピールになる可能性が十分にあります。例えば、カフェ巡りが趣味で飲食店の面接を受けるのであれば、趣味の話がプラスに作用するかもしれません。

自己紹介は採否に関係ある?

自己紹介だけで採否が決まるということはあまり考えられませんが、第一印象が良くないとマイナスに働く可能性は十分にあります。面接の流れが悪くなって結果として不採用になってしまうことも考えられるので、自己紹介でも気を抜かないことが大切です。

自己紹介に失敗したらどうしたらよい?

第一印象は大切ですが、自己紹介で失敗してもその後に挽回できるチャンスは十分にあります。採用担当者も求職者が緊張していることは十分に理解しており、多少の失敗も織り込み済みです。たしかに出だしでつまずくと気分が落ち込んでしまいがちですが、気持ちを切り替えてその後の面接に臨みましょう。

まとめ

何ごとも第一印象が肝心です。自己紹介で好印象を与えられることもあれば、「この人はマナーがなっていない」などと烙印を押されてしまうこともなきにしもあらずです。自己紹介は面接の流れを左右する要素であり、決して軽く考えないようにしましょう。事前に話すことを決め、今回ご紹介したポイントを最大限意識して話すことで、好印象を与えることができます。

一方で、自己紹介で失敗したとしても後から十分挽回が可能ですので、落ち着いて臨みましょう。

こちらの記事では、自己紹介以外に面接で質問される内容とそれに答えるポイントについて紹介しています。ぜひこれを参考にして面接の準備を万全にしましょう。