1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. Uターン・Jターン・Iターンで理想の人生を実現しませんか?

Uターン・Jターン・Iターンで理想の人生を実現しませんか?

最近、地方移住が注目されています。転職して今住んでいる場所とは違う地方に移り住むことをUターン・Jターン・Iターンといいます。ひょっとしたら移住することで新しい人生が切り開けるかもしれません。

今回は、Uターン・Jターン・Iターンの意味や、地方移住が注目されている背景、メリット・デメリットについてみていきましょう。

Uターン・Jターン・Iターンとは?

移住して転職するのにもさまざまなパターンがあります。まずはUターン・Jターン・Iターンの定義についてみていきましょう。

Uターン

Uターンとは、一度他の地域に移住して就職し、その後生まれ育った地域に戻って転職することを指します。例えば、岐阜県で生まれ育った人が一度上京して東京の会社に就職し、また故郷である岐阜県に戻って転職するケースが当てはまります。

Jターン

Jターンとは、自分の生まれ故郷とは異なる地域に移住して転職することです。地元にもすぐに帰られる、転職先の選択肢が多い、生活が便利といった理由から、特に地元に近い地方都市に移り住むことが多いようです。例えば、岐阜県で生まれ育った人が上京して就職した後に、岐阜県の隣である愛知県の名古屋市に移住するといったケースが当てはまります。

Iターン

Iターンは、都心で生まれ育った人が地元で就職した後に、地方に移住して転職することを指します。例えば、東京で生まれ育って就職した人が岐阜県に移住して転職するケースが当てはまります。

その他の●ターン

Uターン・Jターン・Iターン以外にも、さまざまな移住のかたちがあります。例えば、一度Uターンで故郷に戻った人が再び都会に移住して転職する「Oターン」、子どものために環境が良い地方に移住する「Cターン(CはChildの頭文字)」、結婚を機に移住する「Mターン(MはMarriageの頭文字)」などです。他にも秋田県に移住することを「Aターン」、長野県に移住することを「Nターン」と呼ぶこともあるようです。

なぜUターン・Jターン・Iターンが注目されているのか?

それでは今なぜ、Uターン・Jターン・Iターンによる地方移住が注目されているのでしょうか。その理由を考えてみましょう。

リモートワークの普及

今まで、日本では毎日会社に通って仕事をするというスタイルが当たり前でした。しかし、一部の職種では、働き方改革や新型コロナウイルス感染症の影響もあり、自宅などでも仕事ができるリモートワークが一気に普及しました。働く場所に制限がなくなり、自分の好きな場所で仕事ができるようになったという環境の変化が、地方移住が注目されるようになった大きな背景の一つといえます。

地方自治体が移住を促進している

少子高齢化の影響で人口減少に悩まされている地方も少なくありません。補助金や助成金、キャンペーンなど地方自治体が若者に対する移住促進政策を積極的に行っていることも、地方移住が進んでいる後押しとなっています。

地方の良さが再認識されている

地方には、海や山、川などの自然が豊かなこと、公共交通機関や道路が混雑しない、生活費が安いなど、さまざまなメリットがあります。前述のように都会にいる必要性が薄まるなか、地方での暮らしに魅力を感じ、あこがれる若者が増えてきています。

価値観の変化

これまでの日本人は仕事一辺倒で、会社の発展のためには残業も転職もいとわないという価値観がありました。しかし近年では、プライベートな時間を確保して自分のライフスタイルを大切にしたいと考える人も増えています。「自分らしく生きる」「好きな場所で暮らす」方法としてUターン・Jターン・Iターンを選択される方も多いようです。

地方移住のメリット・デメリット

Uターン・Jターン・Iターンで移住することでさまざまな利点がある一方で、注意すべき点も少なからずあります。よく考えて決めないと、「こんなはずじゃなかった」と後悔することにもなりかねません。特に都会から地方に移住される方は、大きなギャップが生じがちです。

ここからは、地方移住のメリットとデメリットについてみていきましょう。

地方移住のメリット

まずはなんといっても自然を感じながら生活ができる点です。海や山、川に囲まれ、空気がきれいで、野鳥や虫、カエルの声に癒やされ、その土地の季節ごとの海や山の幸をいただく。こんな生活は、都会ではなかなか味わえません。時間の流れ方もゆっくりと感じ、落ち着いて暮らすことができます。特にキャンプや登山、スキー、釣りなどのアウトドアの趣味をお持ちの方や家庭菜園にあこがれている方にはぴったりです。

これまで都会で暮らしてきた方にとっては、田舎の文化や考え方、言葉、あるいは田園地帯の風景や野生動物が身近にいる環境など、見るもの・聞くものすべて新鮮に映るはず。「こんな暮らしもあるんだ」と、新しい価値観を発見できるかもしれません。

また、生活費が安く抑えられることもメリットです。エリアによっては、東京の半分以下の家賃で物件が借りられます。また、近年では空き家の増加が問題になっており、「空き家バンク」などを活用すれば格安で一戸建てを借りられたり、持ち家を手に入れたりすることも可能です。他にも駐車代や住民税、社会保険料も安い傾向があります。畑で野菜を育てて収穫したり、海で釣りをしたりすれば、食費を浮かせることもできます。

子育てがしやすいのも田舎の魅力です。子どもが自然に触れられれば豊かな感受性を育むことができます。都会よりも交通量が少なく、治安も良いため、事故や事件に巻き込まれるリスクも低く、のびのびとお子さんを育てたい方にとっては、快適な環境といえるでしょう。

地方移住のデメリット

デメリットとしては、移住するまでに大きな手間がかかるという点が挙げられます。まずは移住先を決め、物件を探し、引っ越しをしなければなりません。転職先も見つけ、今勤めている会社を辞める必要があります。

そもそも地方は都会に比べて企業が少なく、給与水準も低い傾向があるため、理想とする転職先が見つからない場合もあり得ます。地方に移住する場合、生活を営んでいくためにも、まずは引っ越しや転職などの準備をしっかりとしておく必要があります。

また地方はどうしても公共交通機関が整備されておらず、移動は車がメインです。1時間に1便しかないというのはまだいいほうで、バスや電車が通っていないような地域も少なくありません。すでに自家用車を保有されていればいいのですが、これから免許を取る、車を購入するとなると、負担が大きくなってしまいます。また、スーパーやコンビニ、飲食店などのお店や娯楽施設も少ないため、その点でも不便さを感じるかもしれません。

人間関係を構築できるかどうかも大きな問題です。田舎は、都会に比べて人と人とのつながりが強い傾向があります。他の住民と馴染めればよいのですが、馴染めなかった場合はかえって都会よりも暮らしづらさを感じてしまうかもしれません。

まとめ

Uターンをすれば自分が生まれ育った地元で生活することができます。Jターン・Iターンで転職すれば、新しい価値観に出会えるかもしれません。地方移住は、引っ越しが大変、交通の便が悪い、他の住民と馴染めるかどうか分からないといったデメリットもありますが、新しい土地で暮らすことで自分らしい人生を実現できる可能性も大いにあります。

今後まずますネットが普及して、働き方や価値観も多様化し、地方移住という動きが活発化するかもしれません。

特にこれから転職活動をされている方、転職を考えられている方は、ご自身が望むライフスタイルや人生を実現するために、Uターン・Jターン・Iターンも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。