1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. エンジニアになるには?職業特徴・仕事内容・必要スキルを徹底解説

エンジニアになるには?職業特徴・仕事内容・必要スキルを徹底解説

引く手あまたで高年収のイメージもある、エンジニアという職業。プログラミングをするということはわかっていても、実際にどんなことをやるのか、どんな人が向いているのか、何がやりがいなのかイメージがつかないという方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、エンジニアの職業特徴や仕事内容とその種類、やりがいや必要なスキルなどをまとめて解説します。エンジニアに興味がある、就職・転職したいという方はぜひ参考にしてみてください。

エンジニアの職業特徴や仕事内容、種類とは?

ものを作る人、ハードもソフトも「作る人」をエンジニアと呼びますが、最近ではITエンジニアのことをエンジニアと呼ぶシーンも多いため、エンジニア=ITエンジニアと認識されることも多いです(本記事では、エンジニア=ITエンジニアとして記述します)。

ひと口にエンジニアといっても、その種類や仕事内容はさまざま。まずは、エンジニアという仕事について詳しくみていきましょう。

エンジニアの種類

エンジニアの中でも開発(システム・Web・アプリ)、インフラ(サーバー・ネットワーク)、営業系エンジニア(セールス・サポート)、プロジェクト管理(プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー・ブリッジSE)などと分かれています。

さらに開発の中のシステム・Web・アプリの中でもそれぞれ細分化しています。例えばシステムの中でいえば基幹システムという、販売管理・在庫管理・会計など、事業を支える基幹となる部分を効率化するシステムを開発することもあります。

Webサイトやアプリでいえば、フロントエンドエンジニアというユーザーから見える画面を作る人、そしてバックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)という裏側の処理、例えばこのボタンを押したらAと接続して、Bという結果を出すなどをプログラムする人に分かれています。

インフラでいえば、社内サーバーをクラウド化するなどの開発も存在します。

システム運用の方法としては、オンプレミスとクラウドに分かれます。オンプレミスはシステムで使うソフトウェア・ハードウェアを自社のサーバー内で管理・運用する形式、クラウドはクラウドベンダーが持つシステムをネットワークでつないで利用し、使用量に応じて料金を支払うという形式です。

オンプレミスは高度なカスタマイズができる一方、高額で開発時間もかかるというデメリットがあります。クラウドは初期費用が安く済み、開発期間も短く、早く使えるようになる一方で、カスタマイズの自由度が低いという点がデメリットです。ただ、初動の早さと初期コストの負担が少ないことからクラウドが人気となっています。

エンジニアになろうと考えている方は、自分が何を開発したいかによって言語・扱うものが分かれてくるため、それを把握してから勉強し始める必要があることを理解しておきましょう。

仕事内容

エンジニアの仕事は、プログラマー・システムエンジニア・プロジェクトマネージャー・運用保守の4つに分類されます。

設計通り、実際にプログラミングを行うのがプログラマー、顧客と話し、要件定義・外部/内部設計などの上流工程を担当するのがシステムエンジニアです。またプロジェクトの進捗管理・プロジェクトチームの人員管理・コスト管理などを行う役職がプロジェクトマネージャーで、システムが実際に走り始めて不具合があった場合に対応するのが運用保守です。

上流工程というのは、開発をするシステムをどんなものにするかという要件定義や外部内部の設計のことを指します。

会社によってはシステムエンジニアからのスタート、プログラマーからのスタートと分かれるケースがあります。システムエンジニアからスタートの場合は、プログラミング言語についてそこまで詳しくなくても問題ないことが多いものの、プログラマーからスタートの場合は開発するプログラミング力が必要という違いがありますので、注意してください。

エンジニアの職業特徴

エンジニアが関わる領域は、常に新しい技術や言語が開発されていくため、新たなものを知って実際に使ってみること、それを使うとどのようなことができるのかを独学で勉強することが必要です。

さまざまな言語が生まれては消えていくため、時代とともに使われなくなる言語も出てきます。その言語が自分の経験が多い言語の場合、その先のキャリアが限定されるため、常に勉強し、新たな技術を獲得する姿勢が欠かせない職業といえるでしょう。

エンジニアになるなら知っておきたい、仕事のやりがい

次に、エンジニアとしてのやりがいをご紹介します。

技術が身につく

自分の頑張り次第で、いくらでも新たな技術に触れる機会はあります。また、GitHubという自分のプログラムしたコードを公表できるサイトもあるため、積極的に発信していれば、企業側から「こういったポジションで自社に来てくれないか」というオファーが来ることも十分に考えられます。

自分が作ったものが人の役に立っている実感がある

どんな製品でもシステムやアプリがあることによって生産性が高まる、便利だと感じるなどユーザーの役に立つ商品であることには変わりありません。また、自分の開発したシステム・アプリが多くの人に使われるものになれば、やりがいを感じられるでしょう。

年収が高い

一般的な年収に比べるとエンジニアの年収は高めに設定されていることが多いです。技術力の高い方であれば、慢性的な人手不足も影響し、高年収を得られる可能性が高いです。もちろんプログラマーよりも上位役職であるプロジェクトマネージャーであれば、エンジニアの平均とされる年収よりも高い給与が得られます。

エンジニアに向いている人、必要スキル

エンジニアに向いている人や必要スキルをご紹介します。

エンジニアに向いている人

エンジニアに向いている人は、下記3つの特徴を持っています。

知識習得が好き・趣味の人

新たな技術や言語がどんどん生まれてくる業界であるため、そうした情報を知るのが好き、あるいは調べる・勉強するのが趣味という方が向いています。職業特性上、常にキャッチアップが必要な仕事なので、それが趣味でないと逆に仕事を続けることに辛さを感じる可能性が高くなります。

コミュニケーション力が高い人

コミュニケーション力はプログラマー時代にもチームメンバーや上司、システムエンジニアや運用保守ならお客さまや社内の関係各所、プロジェクトマネージャーならお客さま・社内関係各所・メンバー・社外のパートナーなどと密にコミュニケーションをとります。

役割や立場によって関わる相手は異なりますが、エンジニアの仕事はプロジェクトを組んで仕事を進めていくので、多くの方とコミュニケーションをとりながら進めていく必要があります。そのため、コミュニケーション力がある方に向いているといえるでしょう。

問題が発生しても冷静さを保てる人

なぜ「問題が発生しても冷静さを保てる人」がいいのかという点については、エンジニアが扱う領域は、うまくいくはずのものがなぜか動かないなどの問題が頻繁に起こる職業でもあるからです。

たとえ不測の事態が起こったとしても、さまざまなことを頭の中で想定しておき、「◯◯ならA」「△△ならB」「□□ならC」などと冷静に判断し行動できる能力が求められます。

また、想定外であったとしても落ち着いて状況を把握し、最適な結論を導き出すことができる方もエンジニアに向いています。

エンジニアの必要スキル

エンジニアに必要スキルとしては、該当するプログラミング言語の習得、開発経験・コミュニケーション力・プロジェクトマネジメント能力などがあります。

向いている人の部分でも説明しましたが、技術習得とコミュニケーション力に加えて、プロジェクトマネージャーを目指すのであれば、人員管理・コスト管理・プロジェクトを納期通りに終えられるプロジェクトマネジメント能力が欠かせません。

エンジニアの中でも自分がどのポジションを目指すかによって必要スキルが変わりますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

エンジニアを目指している方のために、職業の特徴・種類・やりがい・向いている人・必要なスキルなどをまとめてご紹介しました。向いている人が絞られる仕事ではあるため、自分に適性がありそうかどうかはよく検討して取り組む必要があります。

もし興味があり、やりがいの部分に魅力に感じたという方は、「tenichi」でエンジニアの求人を探してみてみてください。

tenichi」では、数多くのエンジニア向けの求人をご紹介しています。企業によっても求めるスキルや資質が異なるため、自分が向いているかどうかを判断するためにも、一度求人をご覧になってみてはいかがでしょうか。

「tenichi」エンジニア