社員紹介Staff

  • 厚木物流センター ルートセールス社員の写真
    厚木物流センター ルートセールス

    津久井 唯人

    2017年 入社

    2年目になって任された仕事

    後輩ができて生まれた責任感。
    2歩先を読み行動できるようになった。

    1年目に比べて1日に配送する店舗数が増えましたが、それだけ仕事が早くなったと認めてもらえたことが嬉しいですね。
    今では1年目で積んだ経験を活かして常に先を見て動けるようになり、作業効率が向上したことが1番の成長だと感じています。
    例えばトラックへの積み込みでも順番や積荷の形を考え、より効率良く作業ができるように自分なりにアレンジしています。
    2年目になると後輩も入ってきて、店舗を回る際に後輩を同乗させることもあります。
    同乗時には、今まで先輩に教えてもらったことを受け売りではなく自分なりに考えながら教えるようにしています。
    後輩ができたことで責任感も強くなりましたね。
    後輩に見られていると思うと、運転するときも安全確認に細心の注意を払い、お客様への対応もより丁寧になりました。

    仕事内容・やりがい

    売場の良し悪しは自分次第!
    常にアンテナを張ることが大切。

    今現在はルートセールスとしてお店に商品を運び、商品の陳列や売場の管理を担当しています。
    1日に10軒前後の店舗を回っていますが、納品するだけではなく商品の発注も任されているので、売場の状況を見て少ない商品や売れ筋の商品を把握して翌日に納品できるようにしています。
    商品の売れ行きは毎日同じではありません。
    気温の変化や特売日、世の中の流行によっても変わってきます。
    常日頃からテレビやインターネットの情報をキャッチしたり、店舗で働くパート社員の皆さんに最近の流行を教えてもらったりしています。
    売場を全て任されている店舗もあるので、自分で考えて売場を作れることが楽しいです。

    トラックのハンドルを握っている厚木物流センター ルートセールス社員

    成功事例

    どんな状況でも売場を空にせず、
    求められるものを届けたい。

    2018年の夏は猛暑が続き、氷系のアイスが飛ぶように売れました。
    各メーカーの人気商品は欠品となり、お店から氷系のアイスが次々と消えてしまう現象が起き、それは全国ニュースにもなりました。
    私は欠品商品の代わりになりそうな氷系アイスを調べ、在庫があるメーカーの商品を取り集めました。
    それにより、近隣の競合店では氷系アイスが姿を消す中、私が担当している店舗の売場では、欠かすことなく商品を並べることができました。
    担当店舗の店長さんからも「欠品のニュースでどうなることかと思ったけれど助かったよ。本当にありがとう」と感謝の言葉をいただいたときはとても嬉しかったです!

    インタビューを受けている厚木物流センター ルートセールス社員

    アイスコのここが魅力
    (求職者へのメッセージ)

    ざっくばらんで気取っていない、朝方人間には最高の職場。

    元気でアットホームな会社です。
    社員同士の年齢差があってもみんな気さくに話しかけてくれるので、先輩方に萎縮することなくのびのびと仕事ができます。食事や遊びに誘ってもらうことも多いですね。
    新人を育成する環境が整っていて、1人で仕事ができるまでは丁寧にしっかりと教えてくれます。
    運転免許取得の補助や住宅手当、引っ越し費用の補助など手厚い福利厚生があるので、遠方の方や全くの未経験者でも安心して働けます。
    朝が早い分、退勤時間も早いのでプライベートを充実させることができます。
    私は完全に朝方なのでとても助かっています。

    「ルートセールス」の
    お仕事を探す
  • スーパー生鮮館TAIGA 南林間店 日配部社員の写真
    スーパー生鮮館TAIGA 南林間店
    日配部

    新藤 大次郎

    2015年 入社

    入社動機

    スーパーはお客様に食を届ける
    終着地点。

    人間が生きていくうえで一番大切な食に関わる仕事がしたいと思い、学生時代からスーパーマーケットでアルバイトをしていました。
    就職活動の際、成長企業について調べていると、食品業界の中でも業績が伸びている企業は、パンかアイスクリームだということが分かりました。
    もちろんアイスコの業績も右肩上がり。 スーパーのアルバイト経験を活かせて、食に関わるアイスコでの仕事は私のやりたいことに合致していました。

    仕事内容・やりがい

    日配品は賞味期限が命。
    発注量は研究の日々です。

    現在、日配部門で和日配を任されています。
    日配品とは、日々入れ替わる賞味期限が短い商品のことを指し、その中でも和日配品は豆腐や納豆、練り製品、生麺や漬物などを取り扱っています。
    商品の発注や品出し、その日にどの商品をスポットで売り込むかも考えます。
    品出しの際に、お客様に商品の場所を尋ねられたり、レジが並んでいるときにはレジ応援にも入ります。
    日配品は日持ちがしない分、入荷する数量もシビアになります。
    できるだけ新しいものを店頭に並べたいけれど、古いものだけ売れ残ってしまっても困るので、適正な数量を考え発注します。
    閉店と同時に商品が0になり、翌朝の開店時にまた新しい商品を出すことができたときは、狙いが的中して嬉しくなりますね。

    仕事中のスーパー生鮮館TAIGA 南林間店 日配部社員

    アイスコで苦労した経験

    他部門の売れ筋は必ずチェック、スーパーでお客様の献立を完結させたい。

    平台にはチラシの特売商品や、売り込みたい商品を自分で考えて並べます。
    他部門の特売商品は必ず参考にしていますね。
    例えば、キャベツを特売で売り出しているときは、一緒に料理に使える焼きそばの生麺を平台に並べたり、鍋用スープがチラシに載っているときには、お豆腐をお客様の見えやすい場所に配置しています。
    同じミスは二度と繰り返したくないので、失敗から学ぶこともありますね。
    当店では売れ筋商品のトップにたまごがランクインしています。
    そんなたまごが特売の日に、同じくチラシに掲載されていた日配品が売れ残ってしまいました。
    原因は、お客様は特売のたまごに向かって歩いていくのに対し、導線を考えず目立たない場所に商品を配置してしまったことです。
    それからは、目玉商品の導線に特売商品を置き、売れ残りのないように見せ方も考えています。

    スーパーの店員に話しかけているスーパー生鮮館TAIGA 南林間店 日配部社員

    アイスコのここが魅力
    (求職者へのメッセージ)

    他のスーパーに比べて自由度が高いことが魅力。

    アイスコには卸売があり、小売があることも魅力の1つです。
    卸売業として当店だけではなく競合のスーパーにも納品しているので、他店の情報データを活かすことができます。
    そのデータを基に売り込みたい商品や発注量も自分で考えられるので、それがどのくらい売れたのかを実感できる喜びがあります。
    任せてもらえる部分が大きく、平台に出す商品やディスプレイも自分で決められます。
    失敗したときは悔しい思いをすることもありますが、そのぶん成功したときの達成感は大きいです。

    「販売職」の
    お仕事を探す
  • 本社 人事総務部 係長の写真
    本社 人事総務部 係長

    中澤 大輔

    2014年 入社

    入社動機

    上場企業ではできない一生に一度の体験。その瞬間に立ち会いたい。

    就職活動をしていた夏の日に、学校の友達と就活サイトを見ていました。
    うだるような暑さの中、私にはアイスの会社の求人がやけに眩しく感じたんです。それがアイスコとの出会いです。
    まずは説明会に足を運び、上場を目指している会社と聞いて、これからどんどん伸びる会社だと思いました。
    会社が大きく変化していく中で自分はどんな仕事をしていくのだろう、いざ上場するときにどう関わって、どんな仕事をしているのだろうと考えたらワクワクしました。
    これは既に上場している企業に入社したら、絶対に経験できないことです。
    社会の変化の中で変わっていく会社と自分自身の成長を感じてみたいと思いました。

    現在の仕事内容・やりがい

    人事としてのやりがいを感じていくのは、これからの未来だと思う。

    人事に異動して新卒と中途入社の応募管理を担当していました。
    入社してくれた後輩たちが、これからどのように成長し活躍していくのか今から楽しみですね。
    現在、人事担当が2人増えたので、今までの仕事を2人に振り分けて、私は新たに労務関係の管理や改善にも取り組んでいます。
    就職活動中の方にとって、最初に会う社員がその会社の印象になると思います。
    選考段階で接する私が悪印象だと、アイスコ全体のイメージが悪くなってしまうので、良い印象を持ってもらい、一緒に働きたいと思ってもらえるように、意識して接しています。
    私が採用に携わり入社してくれた社員たちが、これからどのように成長し活躍していくのか。その活躍を見るのが楽しみですね!

    業務のレクチャーをしている本社 人事総務部 係長

    仕事の達成感

    ただ商品を並べるだけではない。
    私たちの仕事は人の役に立てる仕事。

    ルートセールスの頃の話です。
    お店で商品の陳列をしていると、お買物に来ていたお客様から「あの商品はなくなっちゃったの?」と、お問い合わせをいただいたことがありました。
    私はすぐに現行商品であるかを確認し、「その商品ならまだありますよ。次に来たときに入荷しておきますね」とお答えしました。
    そして約束通り、次の納品日にご要望の商品を納品したんです。
    すると、さらに次の納品日に同じお客様が偶然に来店されていて「商品を入れてくれてありがとう!おかげさまで買えましたよ」と声をかけていただきました。 お客様が求める商品をしっかり提供できた喜びはもちろんですが、そのとき初めて、私の仕事は誰かに喜んでもらえる仕事だと実感しました。

    打ち合わせ中の本社 人事総務部 係長

    アイスコのここが魅力
    (求職者へのメッセージ)

    年功序列ではない、意欲ある人材が評価される環境。

    学生時代のアルバイト経験から、仕事をするうえで給与ももちろん大切ですが、一緒に働く仲間との関係が何より重要だと学びました。人間関係が劣悪だとたとえ給与が高くても楽しくないと思うんです。
    アイスコは卸しの会社ということで、入社前は「厳しい先輩も多いかも」と不安に思うこともありましたが、いざ入社してみるとフランクで話しやすい人ばかり。営業所時代は自分の仕事が終わってもみんなと話したくていつまでも会社に残っていましたね。社員同士の仲はとても良いです。
    また、若手でも頑張って実績を残せばきちんと評価してくれるので、仕事に対してのモチベーションも更に上がりますね。 今後はもっと評価制度を明確に整えていく予定なので、よりキャリアアップを目指しやすい環境になると思います。

  • 本社 統括部 管理グループ 倉庫管理課 課長の写真
    本社 統括部 管理グループ
    倉庫管理課 課長

    鈴木 浩隆

    2010年 入社

    入社動機

    動機は直感!
    実際に見て会社のパワーを感じました。

    前職のホームセンターで働いていた際に、フォークリフトの免許を取得しました。 その資格を活かせる仕事がしたいと思いハローワークで相談した際にアイスコを紹介してもらいました。
    アイスクリームが大好きな私は、まず一番に「アイスの会社だ!」という点に惹かれました。
    また、それまでの小売業とは違い、卸売業とはどんな仕事なんだろう…という興味もありましたね。
    面接に行くと、社員の方の熱意と会社の勢いを感じました。
    すぐにこの会社で働いてみたいと思いました。
    未経験の卸売業でしたが、不安より新しいことにチャレンジするワクワク感の方が強かったです。

    仕事内容・やりがい

    フォークリフトはバランスが重要。
    考えながら組み立てることが面白い。

    営業所時代は、商品の仕入れから在庫管理を担当していました。
    午前中は、冷凍庫の中でメーカー様から納品された商品をトラックからパレットに移し替えて検品をおこない、冷凍倉庫内にフォークリフトを使って格納します。
    午後は出庫作業。ご注文いただいた商品を倉庫内でセットし、ルートセールスのスタッフが円滑に積み込めるように準備をします。
    商品をフォークリフトで移動させるにはコツが必要で、棒積みでも崩れてしまうし、だからといって細かく互い違いに乗せてしまうと、今度は取りづらくなってしまいます。
    面積に対して最大に乗る量は決まっているので、良い塩梅を考えるのが難しいけれど面白いところです。

    フォークリフトを運転している

    アイスコのここが魅力
    (求職者へのメッセージ)

    学生時代の部活動を思い出す、
    和気あいあいとした職場です。

    一般的な卸売業は、トラックをチャーターし商品を届けたら終わりですが、当社は自社便で配送や納品をするため、ルートセールスと倉庫員の連携が取りやすく、お客様の要望に素早く対応することができます。
    さらにルートセールスは売場の提案や棚割りを決めることができるため、自分の力で新商品の提案や売場を広げられることが魅力だと思います。
    社内の雰囲気は、仕事では厳しいこともあるけれど、気兼ねなく冗談を交えて話せる人ばかりです。
    アイス好きの私は、メーカー様からいただいた新商品のサンプルを、みんなで感想を言い合いながら食べる時間がとても楽しいです。
    みなさんもぜひ、一緒にアイスを食べながら楽しく話し、楽しく仕事をしましょう!

    「倉庫内作業」の
    お仕事を探す
  • 本社 マーケティング本部 第1営業部 部長の写真
    本社 マーケティング本部 第1営業部
    部長

    岸 裕一

    2003年 入社

    入社動機

    最初の動機は趣味のため。入社してそれ以上に好きなことを見つけた。

    就職活動の際、合同説明会に行くと「アイスコ」という社名が面白いと学生の間で話題になっていました。
    アイスクリームの業界・・・と言うことは、夏場は忙しいけれど冬は比較的時間に余裕があると考えました。
    学生時代の私はスノーボードに夢中で「冬が暇なら雪山に滑りに行ける!」と思い当社を受けることにしたんです。
    入社当時の冬場はスノーボードのために毎週ゲレンデに通っていましたが、そのうちスノーボードよりもアイスコでの仕事が楽しくなり、やがて滑りには行かなくなってしまいました。

    現在の仕事内容・やりがい

    ありきたりにならない売場をつくる。
    営業で大切なことは楽しませたいと言う気持ち。

    店舗への売場提案や棚割りの作成、バイヤーとの商談をおこなっています。
    売場は新商品に合わせた販促条件をメーカーや店舗と作り、特売の価格や時期や試食など、売場に関する様々な提案をします。
    やみくもに試すわけではなく、目標に対して売上をクリアしなければならないので、常に目標を超えていけるような提案を考えています。
    通常フローズン業界は1つのメーカーに対して1社か2社のベンダーが介入するものですが、当社は店舗に対して複数のメーカーの商品を取り集めて提案しています。
    定番商品はもちろんのこと、他のお店では見かけない商品の仕入れをして、競合店に負けないような売場提案をできることは、とてもやりがいがありますね。

    スマホで電話している本社 マーケティング本部 第1営業部 部長

    アイスコのここが魅力
    (求職者へのメッセージ)

    社員が社員を大切にする、日本一アットホームな会社。

    やりたいと思うことを提案でき、それを実現できる環境です。
    風通しの良い社内風土なので、縛られ過ぎず自由にできることが多いですね。
    年功序列ではなく、個々をきちんと見てくれています。
    頑張っている人材が評価され、多くの若手社員が役職に就いています。
    後輩を気にかけている面倒見の良い先輩ばかりですね。それは私が入社した15年前から変わっていません。
    これから益々成長する会社です。一緒に成長したい人にぜひチャレンジしてもらいたいです。