1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. 清掃員の仕事はきつい?正社員とパートの違いや清掃員になる方法まで解説

清掃員の仕事はきつい?正社員とパートの違いや清掃員になる方法まで解説

「清掃員は体力勝負できつい仕事」というイメージを持っている人は多いでしょう。

しかし、最近では自宅の清掃を行うハウスクリーニングの仕事など働く場所も多様化しており、自分に合った清掃員の仕事を見つけることも可能です。また、未経験から正社員を目指せるのも清掃員のメリットといえるでしょう。

この記事では、清掃員の職業についてわかりやすく解説します。正社員とパートのメリット・デメリットもご紹介しますので、清掃員の仕事を検討する際の参考にしてください。

清掃員の代表的な職場と仕事内容

清掃員の代表的な職場には次のようなところがあります。

  • オフィスビル
  • 店舗
  • 商業施設
  • マンション
  • 学校
  • 病院
  • 駅構内
  • 個人宅

仕事内容は、大きく室外清掃と室内清掃に分けられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。 

室外清掃の職場と仕事内容

室外清掃とは、外壁や窓ガラス、屋上といった建物の外側の清掃を行うことです。現場によっては高所での作業になるため、技術と経験が求められます。

また、駐車場や玄関周りといった、オフィス・店舗・マンションなどの外観を美しく保つための清掃も室外清掃に含まれます。インターロッキングのコケや玄関先のクモの巣の除去、駐車場の落ち葉の清掃などを行います。

その他、必要に応じて浄化槽の清掃や草取りなどを行う場合もあります。

室内清掃の職場と仕事内容

室内清掃とは、床やトイレなど設備の清掃や、ゴミを回収する業務のことです。

オフィスビルやマンションの床の清掃は、素材に合った方法で行います。日常的にはモップやほうきでゴミを取り除き、定期的なワックスがけも欠かせません。カーペットには掃除機を使用し、しみ抜きや洗浄も行います。トイレなどの汚れやすい場所は、時間を決めて定期的に巡回します。

一般住居のハウスクリーニングでは、ガス代やシンクといったキッチン周りから、トイレ、浴槽まで、さまざまな場所の清掃を行います。依頼内容によっては、草むしりや玄関周りの掃除といった室外清掃が含まれることもあるでしょう。

清掃員の雇用形態

清掃員の雇用形態として多いのはアルバイトやパートで、中高年層と女性の割合が大きいのが特徴です。派遣社員としての求人も数多くあります。一方で、高所作業などの屋外清掃は、男性の割合が大きくなります。

清掃員は、ライフスタイルに合わせて雇用形態を選べるのが魅力のひとつです。次章で、清掃員で正社員になった場合と、アルバイト・パートになった場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

清掃員で正社員になるメリット

清掃員で正社員になると、次のようなメリットがあります。

未経験でも正社員を目指せる

清掃員の仕事は未経験可の仕事が多く、必要なスキルは入社後の研修で身につけることができます。未経験でも正社員を目指せるのは、転職を検討している場合、特に大きなメリットといえるでしょう。

学歴不問のところが多い

経験に加えて、学歴不問のところが多いのも清掃員で正社員になるメリットのひとつです。学歴に関わらず平等にチャンスがあり、技術を磨いて経験を積んでいくことでチームリーダーやマネージャーに昇格するなど、収入アップを目指せます。

清掃員で正社員になるデメリット

未経験や学歴不問でも正社員になれるのがメリットとしてある半面、清掃員で正社員になるデメリットもあります。

平均給与がやや低め

清掃員の正社員の平均年収は320万円程度といわれており、月給に換算すると27万円程度になります。

正社員の雇用形態には、アルバイト・パートのほかに派遣社員もあり、時給換算すると正社員より派遣社員のほうが収入が多くなるケースもあるでしょう。

清掃員で収入をアップさせるには、技術や経験によってポジションを上げていく必要があります。

体力勝負な面がある

現場によっては体力が必要になることもあり、正社員として勤続年数が増え、年齢を重ねていくと「身体がしんどい」と感じる人もいるようです。

正社員の仕事を選ぶ際は、現場仕事だけでなく、その先のキャリアプランまで描けるところを選ぶと、長期的に安定して働ける可能性が高まります。

清掃員でアルバイト・パートになるメリット

ここでは、清掃員でアルバイト・パートになるメリットを見ていきましょう。

スキマ時間でも働きやすい

清掃員の仕事には、1日3~4時間といった短時間で勤務可能なものもあります。特に個人宅のハウスクリーニングは時間契約になっていることが多く、「午前中の空いた時間だけ働く」など、スキマ時間でも働きやすいのがメリットです。

時給などの条件で働き先を選べる

清掃の現場によっては、早朝や深夜、土日といった、人がいない時間帯に清掃作業を行うこともあります。そのような時間帯は時給もアップしやすいため、働く時間や曜日を選ぶことで効率よく賃金アップにつなげることも可能です。

清掃員でアルバイト・パートになるデメリット

清掃員でアルバイト・パートになると、次のようなデメリットが考えられます。

働けなくなったときの不安が大きい

現場仕事が主となる清掃員の仕事は、身体が資本です。体調不良や病気などで現場に出られないと給与が減ってしまうため、その点においては正社員のほうが安心感が強いでしょう。清掃員でアルバイト・パートの場合は、いざというときのために貯金で備えるなどすると、安心して働けます。

シフトがバラバラになることがある

アルバイトやパートの清掃員の仕事は、日によって現場が変わることがあります。現場によっては早朝や深夜の作業になるためシフトがバラバラになり、生活のリズムを整えるのが難しい面もあるでしょう。シフトの希望が出せる職場を選ぶなど、自分に合った働き方ができるところを探すことが大切です。

清掃員になる方法

清掃員になるには、自治体で公務員を目指すか、一般の清掃業者で働く方法が一般的です。

学歴や特別なスキルは必要ありませんが、普通自動車運転免許の取得を必須としているところもあります。自動車の運転ができると現場の幅が広がるため、清掃員の仕事を検討しているのであれば、免許を取得しておくとよいでしょう。

将来的には、正社員として経験を積んで現場責任者になる道もあります。現場責任者は、作業計画や人員配置計画を立てる仕事も行います。「ビルクリーニング技能士」などの資格取得で年収アップも目指せます。培ったスキルを活かして、独立してもよいでしょう。

まとめ

清掃員の職種や仕事内容をわかりやすく解説しました。

清掃員は、特別な資格や学歴がなくてもチャレンジできるのが大きな魅力です。また手に職を付けることができる仕事なので、努力次第で現場責任者や独立といったキャリアプランが選べることもメリットとして挙げられます。

まずは「tenichi」で、清掃員の求人内容をチェックしてみましょう。アルバイトやパート、正社員、派遣などさまざまな雇用形態があるため、仕事内容や福利厚生といった条件を比較検討し、自分に合った職場を探してみてください。1日に3~4時間など短い時間での仕事もあるので、週末だけ清掃員の仕事を始めてみるのもおすすめです。

「tenichi」清掃