1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. 整備士ってどんな職業?仕事内容から必要な資格、メリットまで徹底解説

整備士ってどんな職業?仕事内容から必要な資格、メリットまで徹底解説

整備士とは、乗り物などの機械のメンテナンスを行う人のことです。一般的に「自動車整備士」を指すことが多く、メカニックとも呼ばれます。この記事では、整備士という職業について、職種や仕事内容、必要な資格、メリットまで徹底解説します。

整備士は、工場に勤務するケースと、ディーラーに勤務するケースに大きく分かれます。勤務先によって職種が異なるので、整備士の仕事を探す前に理解を深めましょう。

整備士の職種

同じ「整備士」という仕事でも、勤務先によって職種が変わります。

「職種」とは、仕事内容を業務の種類で分けたもので、「事務」「営業」などが職種にあたります。また、職種に似た言葉に「業種」があります。業種とは、企業や店舗が属している業界のことで、職種よりも大きな枠組みになります。「金融業」「製造業」などが業種にあたります。

自動車整備工場に勤務する整備士の場合、業種は「自動車整備業」、職種は「自動車整備士」になります。ディーラー勤務の整備士の場合は、職種が「小売業」になるので覚えておくとよいでしょう。

整備士の仕事内容

自動車整備士の仕事は、車を点検・整備・修理することで、主に次の3つに分類できます。新車の納車前点検や定期点検、事故車の修理対応など、対応する領域は多岐にわたります。

1.点検整備

車の使用者は、「車検」と呼ばれる継続点検や、「12か月点検」などの定期点検を行い、車の安全を保つ義務があります。整備士の仕事といえば、故障した車を修理する様子が思い浮かぶかもしれませんが、車を点検して事故を未然に防ぐのも重要な仕事です。

点検では、次のような項目について確認が行われます。

・ハンドルの操作や損傷状況
・ブレーキのきき具合
・ブレーキディスクなど消耗品の摩耗
・劣化状況
・エンジンオイルの残量
・タイヤの状態

不具合が見つかった場合は車の利用者に説明し、必要に応じて修理やパーツの交換を行います。

2.緊急整備

「エンジンがかからなくなった」「車を電柱にぶつけてしまった」などのトラブルに対応することを、緊急整備といいます。

特に、エンジンや電気系統のトラブルは重大な事故につながる恐れがあるため、慎重な点検が欠かせません。修理箇所が特定できたら、必要に応じてパーツの交換などを実施します。

車のキズやヘコみを直す「板金」と呼ばれる作業や、板金後の塗装も自動車整備士の仕事のひとつです。

3.分解整備

車の点検や故障の際に、エンジンやミッションといった重要なパーツに不良箇所が見つかると、パーツを分解して行う整備が必要になるケースがあります。分解には高度な技術が求められるため、国の認可を受けた工場のみで実施することができます。

分解整備の対象となるのは、エンジンやミッションのほかに、ロアアームやベアリングなどの走行装置、タイロッドエンド(操縦装置)、ディスクブレーキキャリパやブレーキドラムなどの制動装置などがあげられます。

整備士に必要な資格はある?

複雑な車のパーツを扱う自動車整備士は高度な技術が求められるため、国家資格の取得が基本です。無資格でも就職は可能ですが、就職先が限られるので注意しましょう。

国家資格を取得するには、専門学校に通う方法と、就職してから実務を積んで段階的に資格を取得する方法があります。専門学校に通うと短期間で資格が取得でき、実務経験の要件が免除されるなどのメリットもあります。

自動車整備士の国家資格は、次の3つに大別できます。さらに「3級自動車ガソリン・エンジン整備士」「3級自動車ジーゼル・エンジン整備士」などに細かく分かれます。

3級自動車整備士

専門学校に通わず、中学や高校を卒業してすぐに整備工場で働く人や、独学で整備士になりたい人が最初に取得を目指す資格です。3級自動車整備士が行うのは、タイヤやオイルの交換など、基礎的な業務が中心になります。

2級自動車整備士

3つの資格のなかで最も保有者が多く、2級自動車整備士の資格があれば、ほとんどの整備業務を担当できます。専門学校に通って整備士の資格取得を目指す人や、3級自動車整備士を保有している人が、次のステップとして2級自動車整備士の資格取得を目指します。

1級自動車整備士

自動車整備士のなかで最も難易度が高い資格で、「1級小型自動車整備士」のことを指すのが一般的です。自動車整備士のわずか数パーセントしか保有しておらず、ガソリン・ジーゼル・シャシに分かれている3級自動車整備士・2級自動車整備士と異なり、1級自動車整備士の資格があれば、3つすべての種類の自動車整備が可能です。電気自動車などの新技術への知識が深まるのも、1級自動車整備士ならではのメリットです。

整備士のやりがいやメリット

整備士には、どのようなやりがいがあるのでしょうか。整備士で働くメリットとともに、見ていきましょう。

好きなことを仕事にできる

車や車いじりを普段から行っている人は、整備士に向いています。新しい技術も積極的に身につけようと思うでしょう。好きなことを仕事にしてプロとして活躍したいなら、ぜひ整備士の仕事にチャレンジしてみてください。

また近年、ガソリン・ディーゼル車から電気自動車への転換や自動運転走行の開始など、自動車業界に大きな技術革新の波が来ています。今、存在する技術だけでなく、今後新たに生まれてくる業界の新技術にいち早く触れられることも、自動車整備士ならではのやりがいです。

成長を実感できる

スキルが上がってくると難しい修理にも対応できるようになり、達成感が味わえます。また、自動車整備士には3級から1級まで難易度の異なる国家資格があるため、ステップを踏んで新しい資格取得にチャレンジするのもよい経験です。職場によっては、資格手当も支給されます。

人から感謝される

整備士は、工場でずっと車に向き合っている印象があるかもしれませんが、顧客対応も大切な仕事です。特に、ディーラー勤務の整備士はお客様と直接話をする機会も多いでしょう。

不具合を起こしていた愛車が元通りになり、お客様から「ありがとう」と言われたときの喜びはひとしおです。人から感謝される楽しさは、接客の大きなモチベーションになります。

また、お客様は車に詳しい人ばかりではありません。車にどのような不具合があったのか、知識が少ない人にもわかりやすく説明できる整備士は、人から感謝される機会が増えるでしょう。

プライベートにも整備のスキルを活かせる

整備士の仕事で培った技術は、プライベートにも活かせます。自分の車を自分で点検できるだけでなく、友人や知人から車に関する相談を受けることもあるかもしれません。場合によっては工具などを安く購入できるため、車いじりが趣味という人は、いっそ好きなことを仕事にして技術に磨きをかけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、整備士の職種や仕事内容について解説しました。大好きな車の点検や修理に携わる整備士には、やりがいがたくさんあります。日々、現場でスキルを磨き、新しい資格の取得にチャレンジしたり、自動車の最新技術を学んだりと、成長を実感できるのも整備士の仕事の大きな魅力です。

「整備士の求人を見てみたい」と思った人は、「tenichi」で整備士の仕事を探してみてください。

「tenichi」自動車 整備士

資格を持っていない場合は、未経験でも応募できる求人を中心に見るのがおすすめです。整備士の仕事について理解を深め、好きなことを仕事にする第一歩を踏み出してみましょう。