派遣の仕組み

STRUCTURE

派遣の仕組みと派遣で働くメリットをご紹介します!

派遣について

派遣の仕組みは、派遣スタッフと派遣会社、派遣先企業で構成されています。

正社員やアルバイトは、雇用契約を結ぶ先と実際に働く場所が同じですが、派遣の場合、雇用主は派遣会社、勤務先は派遣先企業となります。そのため、お給料の支払は派遣会社から、福利厚生も派遣会社のものが適用され、仕事の指示は派遣先企業の担当者から受けます。派遣スタッフは、就業先が決まると派遣会社と雇用関係が成立し、派遣期間の終了とともに、雇用契約も終了します。雇用契約終了後も、派遣会社に登録していれば次のお仕事を引き続き探したり、紹介を受けたりできます。

※登録だけでは雇用関係は成立しません。

派遣の仕組み

派遣で働くメリット

ライフスタイル・希望条件に合わせたお仕事の選択ができる

働く時間や曜日・期間、残業の有無や勤務地など都合や希望に合わせたお仕事が選べるので、ライフスタイルに合わせて自由に選択ができます。

家族で過ごす様子

いろいろな企業や職場を経験できる

大手企業やベンチャー企業など、いろいろな企業や職場を経験できるのも派遣のメリットです。さまざまな職場を経験することでスキルアップすることも可能です。また正社員や中途採用では入ることが難しいような人気企業で働いたり、未経験の仕事に挑戦できたり色々な職場を経験できるのも派遣ならではの特徴です。

職場の様子

紹介予定派遣について

紹介予定派遣とは、一定期間派遣スタッフとして働き、派遣期間終了後、双方が合意した場合に派遣先企業に直接雇用される制度となります。派遣期間中に職場や仕事を理解し、その企業が自分と合うかを実際に経験してから判断できるというメリットがあります。

紹介予定派遣の流れ

紹介予定派遣で働くメリット

派遣期間があるので、ミスマッチを防げます

派遣期間中に実際の業務や職場を体験できるので、面接や会社案内ではわからない業務内容、社風などが確認できます。その為、入社してから「イメージと違っていた…」といったミスマッチを防ぐことができます。

派遣期間の様子

面接が苦手でも仕事を通してアピールができます

「面接が苦手で短時間ではなかなか自己アピールできない…」「書類選考をなかなか通過できないが、モチベーションを知って欲しい…」紹介予定派遣なら日々の業務を通じて、あなたのポテンシャルやスキル、熱意などを自然にアピールすることができるので、社員への近道のひとつとなります。

社員になって働いている様子