1. TOP
  2. 天職ヒント
  3. コロナ禍で変わる働き方のメリット、新たな働き方の兆しを解説

コロナ禍で変わる働き方のメリット、新たな働き方の兆しを解説

コロナ禍になり、不要不急の外出を控える動きがあっただけでなく、非接触・消毒・検温・マスク装着など人々の生活は一変しました。働き方に関してもリモートワークメインの働き方になって通勤が不要になり、効率的な仕事や家庭との両立がしやすくなるなどの変化も生まれています。このような働き方の変化が企業側・働く側にどんなメリットが与えるのか、コロナ禍で生まれた新たな働き方について解説します。

コロナ禍で変わった働き方のメリット:企業側

コロナ禍になって働き方が変わったことにより生まれた、企業側のメリットを紹介します。

オフィス解約等による家賃負担軽減

コロナ禍でリモートワークが増え、オフィスで働くことが少なくなってきました。この変化を機に、オフィスを縮小・もしくは解約する企業も増えています。固定費を下げられれば、大きく利益を上げることができるため、企業側にとっては大きなメリットといえます。

光熱費削減算

家賃負担と同様に、オフィスが縮小することで光熱費などの削減も実現しました。オフィス空間は広いため冷暖房効率も悪く、照明も住居で使うものに比べて明るさが強いものを使っているため、家庭よりも金額がかかりがちです。こうした費用も、リモートワークがメインになることで削減できます。

通勤費用、移動交通費負担の軽減

通勤費も大きな負担となりますが、これもリモートワークによって削減できる経費のひとつです。家賃・光熱費・通勤交通費・移動交通費を足し合わせると大幅なコストダウンが図れます。

成果主義への切り替え

出社して働くのが当たり前だった時代からリモートワークになると、労働時間に対して給料を払っているという感覚よりも、成果を上げて働く必要があることを社員自身が認識し始めます。それによって企業側は、評価制度を変更するなどの体制変更をしやすくなるというメリットもあります。

成果主義で変動型の給与体系にしていけば実態に即した評価ができ、それが報酬に反映される形式を運用できるため、会社利益と個人の利益が相反することのない制度運用が可能になります。

DX推進がしやすくなる

DX推進をしようとすると、どうしてもこれまでのやり方を変えなければならないことがあります。リモートワーク推進以前は「従来のやり方を変えたくない」という反対意見でなかなかDX推進が進まない場面もあったでしょう。

しかし、リモートワークというメリットが得られることによってDX推進の壁もなくなり、協力的な体制ができてDX推進がしやすくなったと感じている企業の方も多いのではないでしょうか。

多様な人材の確保

リモートワークなど、場所に限られない働き方ができるようになったことで、これまで興味があったのに応募できないと思い込んでいた方も採用対象にできます。場所を問わずに募集をかけられることで、多様な人材確保が可能です。

有事における業務継続可能な状態に

多くの人がリモートワークを経験したことで遠隔で遠隔でも対応できる業務フローやコミュニケーションの仕方が構築されたことは有事の際にも役立ちます。いざというときにも業務が継続できるという自信が持てたことは企業側にとっても大きなメリットとなるはずです。

コロナ禍で変わった働き方のメリット:働く側

コロナ禍で変わった働き方で、メリットを得ているのは企業側だけではありません。ここからは、働く側のメリットについてみていきましょう。

通勤時間、精神的負担の減少

まずは、通勤の時間と精神的負担が減少する点が挙げられます。1時間程度かけて通勤している方からすると、純粋に毎日2時間の通勤時間がなくなり、通勤ラッシュ中に出社している方はそれだけでも精神的に楽になるでしょう。

生産性の向上

「朝は慌ただしく出かけて、会社についた頃には疲れている」ということがないため、朝の時間に余裕を持つことができます。また、話しかけられる機会が少なく、集中して業務に取り組めるため、全体的に生産性が向上する可能性が高くなったという企業は多いです。

自己投資時間の創出(複業・資格取得・プロボノ・転職)

通勤時間で浮いた時間で朝時間、あるいは終業後の時間で自己投資時間を創出できます。複業(副業)・資格取得・プロボノ・転職など、やりたいけれどやれていなかったことに取り組む時間を捻出できるため、以前よりも自己投資に時間を費やせるというメリットがあります。

家事、育児、介護との両立のしやすさ向上

雨が降りそうな日は洗濯物が室内干しになる、キッチンをリセットする暇がないなど、家事を済ませたいのにその時間がなく、出かけなくてはならないということもあります。しかし、リモートワークであれば、すぐに対応できるため、そんな心配も不要です。

また、育児や介護でも送り迎え・食事づくり・ちょっとした面倒を見るということも合間の時間で対応できるというメリットもあります。こちらも通勤時間がなくなったことで時間に余裕ができたことに大きなメリットを感じる方は多いでしょう。

コロナ禍で広まった新たな働き方

リモートワーク以外にも、コロナ禍で広まった新たな働き方があります。具体的にどんなものなのかご紹介します。

ワーケーション

ワーケーションは特にコロナ禍になってから聞かれるようになった働き方で、“ワーク”と“バケーション”をあわせた造語です。バケーションで訪れるようなリゾート地などに行き、そこで働きつつ余暇を楽しむというものです。

休暇の合間に仕事をするパターン、仕事以外の時間で余暇を楽しむパターンの2つがあるため、人によってその解釈が異なるケースもあります。

ブレジャー

“ビジネス”と“レジャー”を組み合わせた造語で、出張前後の時間で観光やレジャーを楽しむという働き方のことです。出張に休みをくっつけてその場所を楽しんで帰ってくるという方法で、「出張でせっかく沖縄に行ったのにトンボ帰りしなければならなかった」という経験がある方にとっては理想の働き方といえます。

旅行業界も注目をし、パッケージツアーなども企画されています。新型コロナウイルス感染症が急速に拡大していった頃に比べればざまざまな規制も緩和され始め、さらに収束に向かえばこうしたパッケージプランも復活し、より利用しやすくなってくるのではないでしょうか。

ジョブ型

ジョブ型というのは、これまでの人前提で振り分ける仕事ではなく、仕事を前提にその仕事ができる人に任せていくという形の働き方です。こうした割り振り方をしていることで有名なのはコンサルティング業界で、それ以外は雇用継続が前提の日本企業ではなかなか実施例がありませんでした。しかし、ジョブ型の働き方にチャレンジし始めた企業も多くあります。

ハイブリッド(勤務)制度

出社とリモート両方を組み合わせたハイブリッド型で、出社することの良さ、リモートで働ける良さを享受できる働き方です。出社で社内コミュニケーションを図りながら、リモートによる働きやすさも感じられるため、うまく運用できればそれぞれの働き方のデメリットを消すことができるというメリットがあります。

まとめ

新型コロナウイルス感染症の拡大は、人々の生活だけでなく、働き方を一変させました。この機会に自分の仕事を見つめ直そうという方、これから転職しようとしている方、今の働き方に疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、本記事ではコロナ禍で変化した働き方のメリットや新しい働き方をご紹介しました。社会人として働いていると毎日が忙しく、なかなか将来について考える機会がありません。こうした大きな変化があったときにこそ、改めて自分が目指す生き方や働き方を考えてみると、これまでには想像できなかった働き方がきっとできるはずです。

コロナ禍で進んだリモートワークや新たに広まった働き方のメリットを活かして、自分の人生を良い方向に変化させるべく、チャレンジをしてみてはいかがでしょうか。