会社概要

会社概要

商号

プリヴェ運輸株式会社

本社所在地

〒320-0855 栃木県宇都宮市上欠町1182-1


電話番号/FAX

TEL:028-649-2311 / FAX:028-649-2315

設立

1951(昭和26)年2月8日

資本金

45,000,000円

従業員数

860名(嘱託・派遣社員含む)

保有車輌台数

800台

主要株主

プリヴェ企業再生グループ株式会社

東武鉄道株式会社

営業種目

貨物自動車運送事業

貨物運送取扱事業

倉庫業

物品販売事業

資材機器のレンタル

損害保険代理業

労働者派遣事業

産廃輸送事業

自動車整備事業

取引先銀行

第四銀行

足利銀行

三菱UFJ銀行

商工中金

みずほ銀行

CSR活動

行動計画

次世代育成支援対策推進

社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員その能力を発揮できるようにするため行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日までの5年間

2.内容

目標:年次有給休暇の取得促進

3.対策

平成28年4月社員に有給休暇取得促進策を説明し周知する。

  • ・有給休暇取得促進日を設け周知する。
  • ・年度就業カレンダーに促進日を明示する。

作成 平成28年3月1日 総務部

3人の男性が笑顔でトラックの前に立っている

女性活躍推進

女性従業員を増やし、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日までの5年間

2.内容

目標:全従業員に占める女性割合を8%以上にする。

3.対策

平成28年4月より採用時の募集要項にて、女性が活躍できる職場であることを求職者に向けて積極的に広報する。

作成 平成28年3月1日 総務部

笑顔の女性が倉庫内で端末を操作している

安全マネジメント

経済活動の一翼を担い人々が豊かで安全な生活を営むことのできるように。そんな社会的使命を果たすため、JRコンテナ・大型フェリー輸送等モーダルシフト・エコドライブの推進・産業輸送等、安全と環境保全に力を入れています。

平成30年度運輸安全マネジメント

貨物自動車運送事業輸送安全規則第2条の8第1項の規定に基づき、輸送の安全に関する情報を公開します。

(基本方針)

「輸送の安全は我が社の根幹」

  • 1.全従業員に対して、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、その実現のため経営トップが主導的な役割を果たし、全従業員が一丸となって取り組み絶えず安全性の向上を図る。

  • 2.輸送の安全に関する取り組み状況等の情報について、積極的に公開する。

  • 3.安全に対する基本的な方針及びそれに基づく目標・計画を従業員に周知徹底する。

  • 4.公共の道路を使用して仕事をしているという認識を常に持ち、運転に関する知識・技能の研鑽に努め交通人身事故の防止を図る。

  • 5.プロドライバーとしての自覚を高め悪質違反(酒酔い運転、酒気帯び運転、過労運転、薬物等使用運転、無免許、無資格運転、過積載運転、最高速度違反、救護義務違反)の根絶を図る。

(輸送の安全に関する目標の達成状況)
平成30年度目標 平成29年度達成状況 平成29年度目標

目標:交通事故減少

  • ・重大人身0件
  • ・その他人身0件以下
  • ・物損30件以下

総件数30件

  • ・重大人身0件
  • ・その他人身1件(-2件)
  • ・物損37件(+9件)

総件数38件(+7件)

目標:交通事故減少

  • ・重大人身0件
  • ・その他人身3件以下
  • ・物損20件以下

総件数23件以下

(事故統計)

平成29年度は自動車事故報告規則第2条7に規定される重大事故の発生はありませんでした。
平成29年度は交通事故抑止目標を前年同様過去5年間で最少の平成24年度事故件数(人身を含め26件)以下に定め、抑止対策に取り組みましたが大幅な事業拡大に伴う車両増加により、前年比7件増加し目標達成には至りませんでした。
平成30年度は、各店所の規模に準じて抑止目標を定め事故減少を目標として達成のために更なる努力をいたします。

(安全管理規程)

安全管理規程(PDF)

(組織、指揮命令系統)

プリヴェ運輸株式会社業務組織図によります。

(事故、災害等の関する緊急連絡体制)

プリヴェ運輸株式会社緊急連絡体制図によります。

(輸送の安全に関する教育及び研修の計画)

事故防止研修会講習会及び月例ミーティングを開催し事故防止を図っています。

(輸送の安全に関する内部監査結果及びそれを踏まえた措置内容)

当社規程に基づいて年1回以上実施します。内部監査の結果については経営トップに報告し継続的改善を図っています。

(安全統轄管理者)

安全統括管理者には、取締役 清水敏夫を選任しています。

平成30年4月1日
プリヴェ運輸株式会社

会社沿革

1944(昭和19)年 9月11日

栃木県に於いて、今市貨物自動車株式会社設立

1951(昭和26)年 2月8日

新潟県に於いて、中魚沼トラック株式会社設立

1952(昭和27)年 2月23日

中魚沼トラック株式会社を十日町運送株式会社に
商号変更

1963(昭和38)年 4月20日

今市貨物自動車株式会社が、東武鉄道傘下に入る

1965(昭和40)年 1月10日

十日町運送株式会社が、東武鉄道傘下に入る

1968(昭和43)年 5月31日

今市貨物自動車株式会社を東武運輸株式会社に商号変更し、本社を宇都宮市に移転

1975(昭和50)年 5月28日

十日町運送株式会社を、株式会社東武運輸新潟に商号変更

1975(昭和50)年 6月1日

東武運輸株式会社を、株式会社東武運輸栃木に商号変更

1983(昭和58)年 6月1日

株式会社東武運輸新潟の本社を、長岡市に移転

2003(平成15)年 4月1日

株式会社東武運輸栃木の本社を、栃木県南河内町に移転

2004(平成16)年 9月30日

株式会社東武運輸新潟と株式会社東武運輸栃木が
プリヴェチューリッヒ企業再生グループ株式会社傘下に入る

2005(平成17)年 5月1日

株式会社東武運輸新潟と株式会社東武運輸栃木とを合併、
社名を東武運輸プリヴェチューリッヒ株式会社に変更、本社を長岡市に置く

2006(平成18)年 5月24日

東武運輸プリヴェチューリッヒ株式会社を、東武運輸プリヴェ株式会社に商号変更

2007(平成19)年 12月10日

東武運輸プリヴェ株式会社の本社を、宇都宮市に移転

2014(平成26)年 10月1日

東武運輸プリヴェ株式会社を、プリヴェ運輸株式会社に商号変更