1日の流れ

営業の1日のスケジュール

営業のお仕事の基本は

“体験宿泊”にお越し頂いたお客様へご提案!

営業職(リゾートプランナー)は、
弊社商品「ポイントバケーション・リロ<ポイント制タイムシェア>」を
ご説明・ご提案して頂くことがメインのお仕事です。
普通の勤務地と違い、人気リゾート地の事務所にて就業して頂きます。
転勤ではなく、短期出張型の勤務スタイルとなります。
約1週間程度、会社が用意した宿泊施設にて寝泊まりして頂き、
就業中は営業に集中できる環境です!
もちろん往復交通費は会社が全額負担しますのでご安心を。
中途入社が8割以上ですので、未経験の方でも安心してください!

全員で朝礼

フロントスタッフと一緒に、予約のオーナー様と体験宿泊のお客様の情報を共有します。
「13時に○○様が到着予定、15時の○○さんは渋滞で遅れそう・・・」などなど、1人あたり平均、平日は1-2組、土日祝は2-3組のご家族へ提案します。

夕食対応

19:00/19:30/20:00頃 夕食の片づけを行います。
片づけ時に、「説明会で何かわからない点はありませんでしたか?」と、説明会だけではわからなかった細かな疑問や質問に答え、お客様の不明点などを解消してください!気に入って頂けた場合、ここで成約するお客様もいらっしゃいます。

夕食の買出しへ

近くのコンビニやスーパーなどで食材を購入し、スタッフ部屋のキッチンで夕食を作るスタッフもいれば、お弁当などを買って事務所でみんなで食べたりと、スタッフの自由です。たまには近くのファミレスに行くこともあります。

チームで
目標数字を達成する!

提案は1人で行いますが、月の売上目標数字を、チームメンバー全員で達成しよう!という雰囲気が強いので、社員同士とても仲がいいのも魅力の一つです。社員同士の距離も近いので、すぐに相談ができる環境です。

入浴

スタッフは、施設内の大浴場を利用することができます。
中にはかけ流しの温泉の施設もあるので、贅沢なひと時です。
疲れを癒しリフレッシュしましょう!入浴後は、各自スタッフ部屋にて就寝。
スタッフ部屋は、アパートやマンション、施設に隣接した部屋など様々です。

通勤

自宅から就業施設まで、公共機関
(電車・バス)を利用し、通勤。

昼食を買い出しへ

近隣のスーパーやコンビニに社用車で買出しへ!
事務所に戻ったら、13時の体験まで食事タイム。

“体験宿泊”説明会開始(各60分)

13:30/15:30/17:30 各60分説明会がございます。
チェックイン後、当社オリジナルDVDを視聴して頂き、その後、お客様のお部屋へ行き、お客様のお部屋のテーブルをお借りし、当社商品をご説明・ご提案します。
初めて知る方がほとんどなので、丁寧に説明をお願いします。

終礼(ミーティング)

説明会時と、夕食時で、お客様がどのようなお気持ちだったかをメンバー同士で共有します。
この時、困ったことや、明日のご提案時のアドバイスなど、お互いに意見を出し合います。
自分のどのような話し方が良かったのか、もっとどのような点を改善すればお客様へわかりやすく伝えられるのか、リーダーやメンバー同士で話し合って切磋琢磨する大切な時間です!

営業職のスタッフ紹介を見る!

フロントコンシェルジュの1日のスケジュール

フロントコンシェルジュのお仕事の基本は

フロント業務をメインに就業していただきます!

当社リゾート施設において“フロントコンシェルジュ”として
ご来館いただいたお客様(オーナーなど)への対応をお願いします。
チェックインやチェックアウト、料金精算、予約受付、館内の管理など、
幅広い業務を担当していただきます。
会員制ならではの魅力といえば、やはりリピーターの多さです!
毎月利用するお客様(オーナー)もいるため、「○○さん、また来たよ!」など、
気軽に声も掛けていただくことも多いんです!
中にはスタッフ全員の顔と名前を憶えてくださっている
お客様(オーナー)もいます。

全員で朝礼

こちらは昼前のミーティング風景。
今日は、○組のお客様がお見えになります。何時のお客様は、先ほど連絡があり、チェックインが少し遅れるそうです。など、お客様の情報などを全員で共有します。
朝礼が終わり次第、客室清掃のチェックなどを行い、一段落したら、昼食を取ります。

オーナーチェックイン

オーナー(会員)のチェックインは15:00以降となります。
いつも利用しに来てくださるご夫婦や初めて利用いただくご家族など、様々なお客様がいらっしゃるので、最高の笑顔でお迎えをお願いします。

料理手配

当社リゾートクラブでは、オーナー(会員)へ夕食の提供はないのですが、「ケータリング」といって、近隣施設の飲食店へ料理を注文し配達していただけるサービスがございます。(※一部ない施設もございます)
オーナー(会員)から、注文(予約)が入った場合は、事前に予約・発注し、当日、オーナーのお部屋までお届けします。
施設によっては、簡単な料理(ラーメンややきそばなど)を施設内にて注文することも可能です。

ナイトスタッフへ引継ぎ

フロントクローズ後は、ナイトフロントスタッフに1日の引き継ぎをしてください!
ナイトフロントは専門スタッフとなりますので、当番で夜勤が周ってくるようなことはございません!

夕食の買出しへ

施設の最寄にあるコンビニやスーパーで夕食の買い出しに社用車を利用していきます。
場所によっては、ファミレスや飲食店などで済ませることもあります。
事務所に戻って、仲間とワイワイしながら、食事をするのが日課です。

温泉

スタッフは、施設内の大浴場を利用することができます。
中にはかけ流しの温泉の施設もあるので、贅沢なひと時です。
疲れを癒しリフレッシュしましょう!入浴後は、各自スタッフ部屋にて就寝。
スタッフ部屋は、アパートやマンション、施設に隣接した部屋など様々です。

通勤

自宅から就業施設まで、公共機関
(電車・バス)を利用し、通勤。

“体験宿泊”の
お客様チェックイン

13:00/15:00/17:00と時間帯を3つに分け、それぞれの時間帯に体験宿泊のお客様がチェックインにいらっしゃいます!
はじめてのお客様はワクワクしている方や体験宿泊の内容がまだ詳しく分からない方など様々!丁寧にお部屋までのご案内をして、説明会で対応する営業マンへ引き継ぎをお願いします!

“体験宿泊”のお客様へ配膳

体験宿泊を実施している施設では食事の配膳(夕食・飽食)がございます。
周囲のスタッフと分担し合ってお部屋へ配膳しに行きます。
※オーナーへの食事の提供は原則ございません。

フロント受付〆作業

配膳関係の対応が落ち着いてきたら、夜21:00のフロントクローズまでに、1日の在庫管理や売り上げ集計などのデスクワーク業務をお願いします。

旅館やホテルと違った
接客を心掛けております。

会員制と聞くと、敷居が高く、畏まった接客をイメージされがちですが、私たちは、オーナー(会員)との距離をより近く感じていただくために、温かさや思いやりをもって接客することを心掛けております。お客様(オーナー)全員と3分以上会話しましょう!という目標を掲げ、少しでもオーナーと長くお話しさせていただき、情報をスタッフ同士で共有しています。このオーナーは、毎回トースターを借りに来るから、あらかじめお部屋に用意してあげよう!など、事前に分かっている情報は、フロントスタッフで共有し、対応しています。直接「ありがとう」と言われるポジションなので、とてもやりがいがあります!

フロントコンシェルジュのスタッフ紹介を見る!

PRスタッフの1日のスケジュール

PRスタッフのお仕事の基本は

イベント会場にてリゾートクラブの“体験宿泊”をご案内!

PRスタッフの業務は、当社の各リゾート施設で実施している
“体験宿泊”についての集客を行うことが主なお仕事内容です。
様々なイベント会場(サービスエリアやドーム、公園など)に赴き、
来場者の皆様へ“体験宿泊”のPRと予約の手配を行っていただきます。
接客経験がある方や、人と話すことが得な方にはぴったりのお仕事です!

イベントブースの設営準備
~イベントスタート!

立て看板や説明資料など、お客様へのご案内準備を整えてイベントスタートです!

少しでも
興味がある方がいたら

「クジをひいてみませんか?」と声がけしましょう!
こんな一言をきっかけに、「体験宿泊」の説明をお願いします!

定着率100%!

ここ数年、退職者が1名も出ておりません!というのも、スタッフ同士が仲が良く、チームワーク抜群だからです!
大きなイベントですと、全員で運営することもあり、全員で協力して成功させよう!という雰囲気があります。
未経験の方でも、お客様と話すのが得意な方、色んなところに行って仕事をしてみたい方、は向いていると思います。
「まずは話を聞いてみたい」でも問題ございません!気軽にご応募いただければと思います。

イベント会場へ出勤

イベント会場の場所にもよりますが、自宅から直行で現地(会場)へ行くことも多いです!

立ち寄ってくださった
お客様へご案内

「こんにちは!」と明るく元気に挨拶しましょう!
「これは何なの?」と自然とお客様が立ち寄ってくれるので、丁寧に説明しましょう!

撤収作業

会場に合わせて、イベントブースの立て看板や資料などを片付けていきます。
迅速に退去できるよう、合間の時間を見つけて徐々に撤収作業をしていきます。
接客している場合は、多少時間を過ぎることもありますが、ほとんど定時で終了します。イベントにより、終了時間は変更します。

短期出張形式ってなに?

約1週間リゾート地に滞在し、休日はご自宅で過ごすといったイメージです。
もちろん、自宅から施設までの往復交通費は全額支給ですし、出張手当は別途支給。
また、住まいは会社で用意するので、ご安心ください。仕事はリゾート地で、休みは地元で、メリハリをつけて仕事をすることができます。